アクセス
メニューボタン

入試・入学案内

アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(入学者受入方針)

医療看護学部は、学是である「仁」の精神の基に、順天堂の長い伝統と歴史を持つ看護学教育の中で培われた安心・安全で質の高い看護を提供し、さらに、高度先進医療の一翼を担うことができる高い倫理観を兼ね備えた看護職者(看護師・保健師・助産師)を育成するため、次のような資質を備えた学生を求めます。

求める学生像

  1. 入学後の学修に必要な基礎学力が身に付いている人
  2. 人に対して関心を持ち、「仁」の精神に共感できる人
  3. 豊かな人間性、柔軟性と協調性を備えたコミュニケ―ション能力が身に付いている人
  4. 国内外の保健・医療・福祉分野に広く貢献したいという志を持つ人
  5. 自ら思考し、課題解決に向けて自己研鑽に取り組める人
  6. 自己の健康に関心を持っている人

看護学を学ぶために必要となる大学入学までに身に付けておくべき教科・科目等

  1. 文章の読解力及び論理的思考を適切に表現する力
  2. 国際社会への関心とコミュニケーション手段としての国語や英語等の言語力
  3. 生命現象を理解する上で必要となる生物や化学等の自然科学の基礎的知識

入学者選抜の基本方針

医療看護学部は受験生の持つ資質や適性に応じて、複数の受験機会と多様な入試を実施します。特に、「仁」に共感できる人を選抜するために、学力試験に加えて受験生の人となりや感性と教養を見極める方法として、小論文試験や面接試験を実施することで入学者の受け入れを総合的に判断します。