アクセス
メニューボタン

学生生活

健康管理と健康相談

学業を行っていくには、心身ともに健康であることが重要です。大学に入学したことによって、通学時間や生活のリズムが大きく変化することもありますから、 体調には十分注意してください。健康管理室では、健康に関する相談窓口の他、健康診断、応急処置、医学部附属病院への紹介などを行っています。

定期健康診断

 毎年、全学年を対象に定期健康診断を実施しています。自分の健康は自分の手で管理し、進んで健康診断を受けて ください。定期健康診断では、浦安キャンパスにおいて胸部レントゲン検査(全学年)、血液検査(1年生)、尿検査(全学年)などを実施します。1~4年次 の病院実習では、胸部レントゲン検査で肺結核などの感染性の病気がないこと、麻疹、流行性耳下腺炎、水痘、風疹、インフルエンザに対する抵抗力があること が求められます。定期健康診断は必ず受けてください。

健康保険証

 親元から離れて生活をする学生は、必ず「健康保険遠隔地被保険者証」の交付を受けてください。この保険証は、 親元から離れてその家族の一員が生活する場合に、健康保険組合等が発行するもので、緊急時の医療費負担を少なくするためのものですから、必ず発行しても らってください。在学証明書を添付して申請します。

  1. 国民健康保険の場合:国保116条申請書を世帯主の市区町村役所に提出して、「被保険者証(学)」の交付を受けてください。
  2. 社会保険の場合:遠隔地被保険者証交付申請書を世帯主の勤務先に提出して、「被保険者証(学)」の交付を受けてください。
  3. その他の健康保険については前2号に準じます。

浦安キャンパス健康管理室

学生の心身の健康を管理し、かつ健康保持に関する相談等に対応するために、健康管理室を設けています。健康面の相談等を希望するときは、事務室まで連絡してください。最近食物アレルギーの学生が増えています。アレルギー体質の学生は情報提供をお願いします。
また、学内で負傷したり、気分が悪くなったときは、事務室まで連絡してください。一階事務室奥に保健室があり、校医、保健室看護師、または教員が容態を みて、対応します。また休養が必要な場合は、保健室のベッドが利用できます。さらに、容態が悪い場合には、順天堂浦安病院などへの受診を手配します。

カウンセリング

大学生活を始めとした様々な悩みや不安などについて、学生生活がより充実したものとなるよう考えていくお手伝いをしています。

実施日 毎週水曜日10:30~17:30、第2・第4木曜日10:30~17:30
利用方法 ①予約をする
希望の日時をメールで連絡してください。メールを確認後、担当者からお返事します。(返信のない時は設定に問題がないか確認して下さい。)

②直接来室する
基本的には予約の方が優先になりますが、予約がない時間は、直接来室での利用ができます。 当日の予約の空き状況は、事務室付近の木の扉前と、保健室前に掲示しています。
場所 保健室となり(保健室にお越しください。お部屋にご案内します。)

実習中の感染対策について

 1年生は健康診断時に麻疹、流行性耳下腺炎、水痘、風疹ウィルスの抗体、B型肝炎ウィルスの抗原、抗体(HBs抗原、HBs抗体)の血液検査を行いま す。また、インフルエンザは毎年10月~11月に全学生を対象にワクチン接種を行います。病院実習中、特に小児病棟や保育園・幼稚園の実習での感染対策と して、また、国家試験前の体調管理としても大切です。接種日時はJUNTENDO PASSPORTで掲示しますので、副反応等のある学生を除いて接種するようにしてください。副反応のある学生等、接種しない学生は保健室まで連絡してく ださい。
 また、流行性角結膜炎、マイコプラズマ感染症、百日咳、感染性胃腸炎等も実習中の感染対策上、重要な感染症です。罹患時や感染の疑われる場合は、すみや かに担当教員に連絡してください。詳細な説明は実習前のオリエンテーションで行います。感染症罹患時の自宅療養期間は原則として実習施設の感染対策マニュ アルに準じます。

1.附属病院での実習と免疫について

発熱性ウィルス性疾患に対する免疫をもっていること

EIA法(IgG)で抗体価が陽性であっても低い抗体価では発症を予防できない可能性が高く、麻疹・風疹については、予防接種によりブースター効果が得られる高い値が目安となります。

表: 流行性ウィルス性疾患の判断基準[EIA法(IgG)]の目安

※表を左右にスクロールできます。
疾患名基準を満たさない(陰性)基準を満たさない(陰性ではない)基準を満たす
麻疹 陰性(2.0未満) 擬陽性(2.0~3.9)
もしくは16.0未満の陽性
16.0以上
風疹 陰性(2.0未満) 擬陽性(2.0~3.9)
もしくは8.0未満の陽性
8.0以上
水痘 陰性(2.0未満) 擬陽性(2.0~3.9) 陽性(4.0以上)
流行性耳下腺炎 陰性(2.0未満) 擬陽性(2.0~3.9) 陽性(4.0以上)

「日本環境感染学会 医療者のためのワクチンガイドライン 第2版」に基づき作成

*アレルギー体質やワクチンに副反応等あり、ワクチン接種のできない学生は除きます。

B型肝炎ウイルスに対する免疫をもっていること

季節性インフルエンザウイルスに対する免疫をもっていること

2.実習中の感染症罹患後あるいは曝露後の管理について

*就業(就学)自粛期間の一覧(各疾患に対する免疫があれば、曝露後の対応は不要です。)

※表を左右にスクロールできます。
疾患名区別就業(就学)自粛期間
季節性インフルエンザ 罹患 発熱から5日間
曝露後 最終曝露日から3日間
麻疹 罹患 発疹出現後から4日間
曝露後 曝露後7日目から21日目まで
風疹 罹患 発疹出現後から4日間
曝露後 曝露後14日目から21日目まで
水痘(帯状疱疹) 罹患 発疹が痂皮化するまで
曝露後 曝露後14日目から21日目まで
流行性耳下腺炎(ムンプス) 罹患 耳下腺腫脹から5日間
曝露後 曝露後16日目から18日目まで
流行性角結膜炎(EKC) 罹患 結膜の発赤消失まで
感染性胃腸炎(ノロウイルスなど) 罹患 消化器症状消失後から48時間(※1)
マイコプラズマ 罹患 投薬開始から5日間(※2)

就学自粛期間の間、部活などの課外活動は、療養による安静と他学年への伝播防止の観点から、一切禁止とします。

※1
ただし、細菌性食中毒の起炎菌が検出された場合(ウイルス性以外の場合)、病院実習中の学生は、食品衛生関連法規に準じ、5日間の抗菌薬治療終了後に48時間以上経過してから便培養を提出し、24時間以上の間隔をあけた連続2回の便培養陰性化を確認す るまで就学停止とします。なお、病院実習以外の学部授業については、症状消失後48時間経過すれば出席可能とします。診断書を提出してください。

※2
マイコプラズマの場合、症状が軽微で院内に立ち入らない学生は、マスク着用して授業・試験・実習に限り就学を認めます。診断書を提出してください。

キャンパス(附属病院敷地内を除く)の感染対策について

キャンパスにおいても感染対策を行っています。海外旅行時の赤痢等も含め、感染症や海外旅行時の赤痢等、感染症罹患時は、すみやかに事務室まで連絡して ください。自宅療養期間は学校保健安全法に準じますが(季節性インフルエンザ:発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで、百日咳:特 有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで、など)、不明の場合は保健室まで問い合わせてください。なお、感染症状が疑われる場合、感染拡大の危険がありますので、登校前に受診しましょう。

学生生活

  • 募集要項・インターネット出願
  • 受験生応援サイト
  • Open Campus
  • 入試情報
  • 学部案内パンフレット
  • 資料のご請求
  • メールマガジン登録
  • 入試情報
  • 資料のご請求
  • 受験生応援サイト
  • 学部案内パンフレット
  • 国際交流
  • メールマガジン登録
  • 教員公募

アクセスマップ

MAP画像

順天堂大学医療看護学部
浦安キャンパス
〒279-0023 千葉県浦安市高洲2-5-1
TEL: 047-355-3111(代表)

Google mapはこちら

  • 順天堂大学大学院医療看護学研究科
  • 国際交流
  • 東日本大震災関連
  • 教員公募