学部入学案内パンフレット
11/36

114年間で学ぶこと4年次医療看護の統合と発展看護に関わる課題やテーマについて、関連分野との関わりを統合して理解し、生涯に渡り自己研鑽する能力を養います。小児看護学実習 成人看護学実習 Ⅰ成人看護学実習 Ⅱ 高齢者看護学実習母性看護学実習 在宅看護学実習精神看護学実習(開講時期3・4年)看護師・保健師選択課程地域診断実習公衆衛生看護学実習看護師・助産師選択課程助産学実習助産管理実習地域母子保健実習看護師・保健師・助産師選択課程地域診断実習公衆衛生看護学実習助産学実習地域母子保健実習助産管理実習た。看護教育では、看護専門職としての基礎能力をしっかりと身に付け、看護の現場で応用できる能力を備えた人材を育成するカリキュラムを提供できるよう体制を整備しています。1年次から4年次にかけて段階的に編成された科目群の中で、看護に必要な教養知識、身体の健康、看護実践に必要な知識と技術を学び、さらにそれらすべてを統合して看護実践能力として発展させることを学ぶことが可能です。さらに異文化を理解して国際的な視野も養えるような科目を配置して希望者に海外研修の機会を与えたり、保健師、助産師の国家試験受験資格取得のための科目は選択制とし、保健師、助産師を希望しない学生にも専門の科目を選択できるよう配慮しています。 授業科目は、内容に応じて効果的な学習成果を得られるよう、200人の合同授業から、2〜10人のグループ学習まで、多彩な編成で行います。授業科目の履修にあたっては、将来の進路や目的、興味のある分野などを考慮して計画を立てることはもちろん、アドバイザーとなる担当教員に相談して助言を受けることができます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です