学部入学案内パンフレット
16/36

3・4年次Curriculum看護の理論と実践を学び、課題やテーマを深く掘り下げる3、4年次では、看護師になるための「看護の理論と方法」「医療看護の統合と発展」の科目群から深く学びます。臨地実習が中心となり、小児、成人、高齢者、母性、在宅、精神の分野別に実施されます。2、3週間ごとに順天堂大学医学部附属病院、医療福祉施設などで実習を行い、看護を実践します。16カリキュラムのポイント看護に関わる具体的な課題やテーマを学び、専門性を高める 4年次は、看護の専門性をより一層高めるため、学生各自が興味を持つ領域での統合実習や看護研究に取り組みます。統合実習では、3年次から学んできた分野別実習で得た知識や技術が生かされます。さらに、医療看護研究では、約半年間かけて研究テーマに沿った論文を作成し、研究発表会を行います。「小児看護学実習」では、NICUにいる小さな赤ちゃんから高校生まで幅広い年齢の子どもを受け持つ。海外研修では、米国オレゴン州に行き、日本と米国の医療、看護、文化の違いを学ぶ。「母性看護学概論」で学んだ知識を基礎として妊婦、産婦の支援の基本や分娩経過に沿ったケアを学ぶ。「医療看護研究Ⅱ」では、約半年間かけて、各自で設定したテーマに沿って研究をまとめる。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です