学部入学案内パンフレット
22/36

22Curriculum 臨地実習は、順天堂大学の医学部附属病院(順天堂医院、浦安病院、順天堂越谷病院、順天堂東京江東高齢者医療センター、練馬病院)で行われます。すべての附属病院には、医療看護学部の臨地実習を教育・指導する看護臨地教員が配置されているほか、医学部の教員も連携して実習を指導します。 臨地実習は、年次が進むにつれて充実します。1年次は、順天堂医院、浦安病院、練馬病院、順天堂東京江東高齢者医療センターの附属病院で1週間、2年次は、附属3病院、地域の医療保健福祉施設なども合わせて3週間の臨地実習が行われています。3年次には10〜11月、4年次には5〜6月の4カ月間にわたり、分野別で臨地実習が行われます。さらに4年次では、学生自身が希望した課題に合わせて2週間の統合実習が行われます。臨地実習臨地実習一覧基礎看護学実習Ⅰ基礎看護学実習Ⅱ高齢者ケアシステム実習小児看護学実習成人看護学実習Ⅰ(急性期看護実習)成人看護学実習Ⅱ(慢性期看護実習)高齢者看護学実習母性看護学実習在宅看護学実習精神看護学実習地域診断実習※1公衆衛生看護学実習※1助産学実習※2助産管理実習※2統合実習順天堂医院、浦安病院、練馬病院、順天堂東京江東高齢者医療センター順天堂医院、浦安病院、練馬病院など老人保健施設、老人福祉施設順天堂医院、浦安病院、練馬病院(保育所、幼稚園)順天堂医院、浦安病院、練馬病院順天堂医院、浦安病院、練馬病院順天堂東京江東高齢者医療センター、練馬病院順天堂医院、浦安病院、練馬病院訪問看護ステーション順天堂越谷病院、精神障害者地域社会復帰施設など保健所、保健センターなど 保健所、保健センターなど 順天堂医院、浦安病院、練馬病院、その他指定された病院 指定された病院、助産所 順天堂医院、浦安病院、順天堂東京江東高齢者医療センター、練馬病院、順天堂越谷病院、訪問看護ステーションなど1年次後期2年次前期2年次前期3、4年次3、4年次3、4年次3、4年次3、4年次3、4年次3、4年次4年次通期4年次通期4年次通期4年次後期4年次前期実習名称対象学年キャンパス※1 保健師の必修科目 ※2 助産師の必修科目臨地実習では、附属5病院で知識や技術を応用します。講義や演習で学んだ基礎を臨床の場で応用し、看護の実践力を身に付けることが目的です。1年次から4年次にかけて行われ、学年が進むごとに質、量ともにレベルアップしていきます。 臨地実習は1年次から段階的に学ぶことができ、患者さんとも次第に関係性を築けるようになります。1年次、2年次では基本的な看護を学ぶことに加えて、チーム医療への意識も高まりました。3年次は、保健所や訪問看護ステーションなどでも実習が行われます。4年次は自分の興味のある分野を選択して実習し、最終日に発表やカンファレンスを行います。 特に印象深かったのは2年次の臨地実習です。そのとき受け持った患者さんは、末期がんで余命数週間だったにもかかわらず、まだ学生の私に温かく接してくださいました。苦しそうに呼吸しながらも、ご自身の人生を楽しそうに話していただいたことを覚えています。容体が悪化したときは、話しかけたり手を握ったりして、自分にできる看護をしました。実習期間の後半には寝たきりの状態から車椅子に乗れるほどまで回復されました。ある朝の挨拶時に肩に手を置いた際、意識が不明瞭にもかかわらず『ほかの看護師さんは区別がつかないけどあなただけは分かる』と、笑顔で言ってくださったことは今でも鮮明に覚えています。臨地実習に参加した学生のコメント

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です