2021大学院教育要項
201/432

授業の進め方 詳 細 1.実習施設:1)船堀ホームナースにじ、2)中央パートナーズ株式会社 東京ひかりナースステーション 2.実習期間:1~2年次、3月~7月までの間に6週間 3.実習内容・方法 1)事前に実習計画を立案し、実習施設の指導者に相談して調整し、実習計画を完成させて実習に臨む 2)医療的ケアおよび終末期ケアを必要とする事例を中心に、サービス提供者間の連携調整が必要な事例、倫理的な問題の調整が必要な事例などの複数の在宅高齢者への訪問看護に参加する。 3)医療的ケアおよび終末期ケアを必要とする事例をそれぞれ1例以上受け持ち、看護過程を展開し援助の実際を包括的・体験的に学ぶ。 4)専門看護師の卓越した6つの能力の展開:訪問看護の実践場面や、訪問看護ステーションのスタッフへの相談、及び教育、多職種・他施設との連携、倫理的問題の調整、研究活動に関することなど実習指導者に相談し、協議しつつ実習日程に組み込む。 5)訪問看護ステーションと連携している、在宅終末期医療を担当する地域の診療所や在宅ホスピスが行う訪問診療に同席し、在宅療養支援チームの活動とその連携を看護の視点から体験的に学修する。 6)学生は実習中、指導者とディスカッションする時間をもち、当日学んだ6つの能力の具体的内容を提示し、指導者の助言を得る。 ※授業の進め方、受講場所等は変更となる場合があります。 - 199 -

元のページ  ../index.html#201

このブックを見る