2021大学院教育要項
22/432

順天堂大学学位規程 〔 昭和35年12月1日 規第34―13号 〕 改正 令和3年4月1日 (目的) 第1条 この規程は、学位規則(昭和28年文部省令第9号)並びに順天堂大学(以下「本学」という。)学則第5条及び順天堂大学大学院(以下「本大学院」という。)学則第16条の規定に基づき、本学において授与する学位、論文審査及び試験の方法その他学位に関し、必要な事項を定めるものとする。 (学位の種類) 第2条 本学において授与する学位は、学士、修士及び博士とする。 (学位授与の要件) 第3条 本学の各学部において、学則各学部規定に定める基準に合格した者に対し、次の学位を授与する。 医学部 学士(医学) スポーツ健康科学部 学士(スポーツ健康科学) 医療看護学部 学士(看護学) 保健看護学部 学士(看護学) 国際教養学部 学士(国際教養学) 保健医療学部 学士(理学療法学、放射線技術学) 2 本大学院の各研究科において、各課程の所定の単位を修得し、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に対し、その課程に応じ、次の学位を授与する。 医学研究科 修士(医科学) 博士(医学) スポーツ健康科学研究科 博士前期課程 修士(スポーツ健康科学) 博士後期課程 博士(スポーツ健康科学) 医療看護学研究科 博士前期課程 修士(看護学) 博士後期課程 博士(看護学) 3 前項に規定するもののほか、本学に学位論文を提出して、その審査及び試験に合格し、かつ前項の課程による所定の専攻科目について所定の単位以上を修得した者と同等以上の学力を有することが試問により確認された者に、各研究科に係る博士の学位を授与する。 (博士課程・博士後期課程における学位論文の提出) 第4条 医学研究科に3年以上在学し、所定の専攻科目について30単位以上取得した者は、学位論文を提出することができる。 2 スポーツ健康科学研究科又は医療看護学研究科博士後期課程に2年以上在学し、所定の専攻科目についてスポーツ健康科学研究科は10単位以上、医療看護学研究科は18単位以上修得した者は、学位論文を提出することができる。 3 学位論文は、在学期間中に提出するものとし、その期日は各研究科委員会において定める。 4 学位論文は、論文審査願に論文目録、論文要旨、履歴書及び別に定める審査手数料を添えて、各研究科長に提出するものとする。 5 学位論文は、原則として1篇とする。この場合、Ⅰ報、Ⅱ報等のように分けて掲載されたものを併せて提出することができる。また、参考として他の論文を添付することができる。 - 20 -

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る