2021大学院教育要項
26/432

順天堂大学大学院医療看護学研究科規程 〔 平成19年12月1日 規第平19-16号 〕 改正 令和3年4月1日 (目 的) 第1条 この規程は、順天堂大学大学院学則(以下「学則」という。)の規定に基づき、医療看護学研究科(以下「研究科」という。)の運営について必要な事項を定めることを目的とする。 2 研究科では、学是である「仁」の精神に基づき、国内外を問わず多様な場で社会貢献できる高度な看護実践能力をもち、看護学のあり方を探求することのできる人材の養成を目的とする。 (1) 博士前期課程では、環境の変化に対応でき科学的根拠に基づいた高度な看護実践能力を発揮できる看護専門職者、看護学の成立基盤を基に看護学分野の新たな方法論の開発や展開ができる教育者・研究者を志向する人材を育成する。 (2) 博士後期課程では、看護学を探究できる能力を有し、研究成果に基づいた質の高い医療・看護を人々に提供できる判断力と実践能力を身に付けた看護専門職者の教育を行うための教育者・研究者及び科学的視点を持った高度実践看護職者を育成する。 (入学試験等) 第2条 入学試験の選抜方法及び時期については、医療看護学研究科委員会(以下「研究科委員会」という。)において定め、あらかじめ発表する。 (入学手続等) 第3条 入学を許可された者の行う入学手続の細目は、研究科委員会において定める。 (領域、授業科目等及び履修方法) 第4条 研究科における領域及び授業科目は、別表1(博士前期課程)及び別表2(博士後期課程)のとおりとする。 2 授業科目の履修は、単位制による。1単位とは、半年間15週を標準として、講義及び演習については毎週1時間、実習については毎週3時間の学習・研究を行うことをいう。 3 前項の規定にかかわらず、博士前期課程における特別研究及び課題研究については別表1、博士後期課程における看護学特別研究については別表2にそれぞれ定める単位を与える。 4 学生は、入学後2週間以内に、専攻する分野一つを定め、その研究指導教員の指導を受けて、研究方針及び選択する授業科目を決定し、別に定める様式をもって医療看護学研究科長(以下「研究科長」という。)に届けなければならない。 5 研究指導教員は、学生が履修した科目の単位認定を、各授業科目担当教員の報告に基づき実施し、認定単位数及びその成績を別に定める様式により研究科長に報告しなければならない。 6 試験は、授業の完了した授業科目について、学期末又は学年末に行う。ただし、授業科目担当教員は、平素の成績又は報告書をもって試験に代えることができる。 (学期等) 第5条 学年は、4月に始まり翌年3月に終わる。 2 学年は、次の学期に分ける。 前期 4月1日から9月30日まで 後期 10月1日から翌年3月31日まで 3 定期休業日及び臨時休業日については、本学学則の規定を準用する。 - 24 -

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る