2021大学院教育要項
302/432

授業の進め方 詳 細 1回目(湯浅) 高齢者の循環動態の特徴・恒常性の特徴をふまえた臨床判断 2回目(湯浅) 高齢者に行われる侵襲のある検査時の援助 3回目(島田) 高齢者の外傷時の身体兆候:骨折、急性硬膜下血腫 4回目(島田) 周手術期における高齢者の呼吸・循環動態の変動と管理 5回目(島田) 高齢者に多くみられ、緊急処置を必要とする全身疾患の病態と身体兆候:脱水、下血・吐血、意識障害 6回目(湯浅) 高齢者に多くみられる慢性的な呼吸器・循環器疾患の病態と身体兆候:COPD、心不全 7回目(杉山) 高齢者の薬物への反応の特徴、高齢者に用いられる頻度の高い薬物の作用と留意点 8回目(杉山) 高齢者への薬物療法に関する留意点(薬物の選択、投与方法の工夫、セルフケア支援) 9回目(湯浅) 高齢者の治療・療養時の栄養管理 10回目(佐野) リハビリテーションを行う高齢者への看護(リスクマネジメントを含む) 11,12回目(湯浅) 高齢者に多くみられる慢性疾患の病態とセルフケア支援(食事療法における留意点を含む) ①糖尿病 ②事例検討 13回目(湯浅) 高齢者の感染症の治療と感染管理(インフルエンザ、疥癬、ノロウイルス感染等) 14回目(湯浅) 医療・介護関連肺炎の治療と管理、尿路感染症の治療と管理 15,16回目(杉山) 腹膜透析(自己管理方法を含む)む・血液透析(シャント造設を含む)を行う高齢患者への看護、導入期の教育の実際 (事例検討、臨地での認定看護師による説明・ケアの見学を含む) 17~19回目(粱) 高齢患者に対する臨床判断の実際 ①問診、②検査、③画像診断(外来診療の臨地見学を含む) 20回目(佐藤) 外来での高齢患者に対する看護の実際(臨地見学を含む) 21,22回目(島田) 高齢患者に対する摂食・嚥下訓練の実際(事例検討、臨地での認定看護師による説明・ケアの見学を含む) 23回目(杉山) 認知機能障害をもつ高齢患者の治療時の援助の実際①(事例検討、臨地での認定看護師による説明・見学を含む)24回目(杉山) 認知機能障害をもつ高齢患者の治療時の援助の実際②(事例検討、臨地での認定看護師による説明、ケアの見学を含む) 25回目(粱) 臨死期の徴候、心臓死の判断 26回目(佐藤) 終末期にある高齢患者の緩和ケアと看取りの実際 27~29回目(湯浅) 自宅で療養する高齢者への訪問診療の実際(事例検討、臨地見学、ヒヤリングを含む) 30回目(湯浅) 高齢者の診断・治療に関わる看護の課題 31回目(佐野) 看護師が高齢者に提供する日常生活援助の意義と留意点①自立・自律の視点 32回目(湯浅) 看護師が高齢者に提供する日常生活援助の意義と留意点②エンドオブライフケアの視点 33,34回目(横山) 虚弱な高齢者のヘルスプロモーション ①介護予防の実際、②疾病管理の実際 35,36回目(湯浅) 摂食・嚥下障害のある高齢者への食事介助技術と個別性をふまえた適用・開発方法①② (ケア技術演習を含む) - 300 -

元のページ  ../index.html#302

このブックを見る