2021大学院教育要項
390/432

・永野 光子 1.看護教育学研究に関する国内外の文献検討を通し、看護教育学研究の動向を明らかにする。 2.自己のこれまでの看護実践、教育実践を看護理論や測定用具を用いて客観的に分析・評価し、その結果を実践に活用する。 【三島キャンパス】 ・西田 みゆき 子どもとその家族がもつ健康問題とその影響要因を多角的に捉え、生活の質の向上ための看護実践力と研究能力の基盤となる知識を構築する。そのために幅広い文献レビューを行い、フィールド演習(予備研究)を進め、研究課題を明確にする。 ・濱田 千江子 フレイル(運動器機能の低下)の発症・進展予防への看護介入の重要性を理解するため、セルフヘルスケアマネジメントあるいは慢性疾患で発生するフレイルの文献レビューを行い、フィールドワークのデータ分析を通して、研究課題を明確にする。 ※授業の進め方、受講場所等は変更となる場合があります。 - 388 -

元のページ  ../index.html#390

このブックを見る