2021大学院教育要項
419/432

23)薬物乱用について 薬物乱用はあなたの大切な人生を台無しにしてしまう重大な犯罪です。大麻は「大麻取締法」の規制を受ける麻薬で、精神障害をきたす場合もあります。1回の使用でも乱用となり、所持するだけで犯罪になります。危険ドラッグは、異常行動を起こして他者に危害を加えてしまうことがあります。また、使用すると呼吸困難で死亡することもあります。たとえ「合法」などと称していても、麻薬や覚醒剤と同じかそれ以上の恐ろしさを持つ物質で、指定薬物については所持するだけで犯罪になります。軽い気持ちで絶対に手を出さないで下さい。自分が望まなくても薬物犯罪に巻き込まれることもあります。自分が望まない行為ははっきりと断わりましょう。 悪徳商法に注意! 入学シーズンになると多発するのが悪徳商法です。言葉巧みに接してくるので、充分に注意してください。もしもの場合はクーリング・オフ制度ですみやかに対応しましょう。なお、通信販売の場合は、電話勧誘販売に該当する場合を除き、法律上のクーリング・オフ制度はありません。 ①キャッチセールス商法 路上で話しかけられ甘い言葉で何かを売りつける商法 ②アポイントメント商法 電話などで「貴方が**に選ばれました(当選いたしました。)**まで来てください。」などと誘われ、会ったが最後、高額な商品・会員券を強引に売りつける商法 ③士(さむらい)商法 電話などで「これからは**士の時代。資格が簡単にとれる講座があります。」などと誘い、代金を振り込ませ何も送らない商法。 悪徳商法予防五か条 ①向こうから飛び込んでくる「タナボタのうまい話はない」と知れ! ②誘われても決して業者のところへは行かない! ③現金で支払いをしない!先にお金を振り込まない! ④はっきりと断れ!「NO」、「いりません」 ⑤何かあったら、くよくよせずに、「即相談!」 千葉県消費者センター (TEL) 047-434-0999 市川市消費者センター (TEL) 047-334-0999 24)マイナンバー制度について マイナンバーは、原則として一生涯使うものになります。取扱いには十分注意し、安易に他人へ教えることがないようにしてください。 ~ご注意~ ・TA(Teaching Assistant)やアルバイト等の採用に当たって提示が求められることがあります。 ・日本学生支援機構の奨学金申請手続きの際に提示が求められる場合があります。 - 417 -

元のページ  ../index.html#419

このブックを見る