2021大学院教育要項
75/432

【主査・副査による審査・指導期間】 ≪2022年1月6日(木)~2022年1月31日(月)≫ 主査・副査より一次提出時の修士論文についての指導を受け、その指導を基に必要があれば修正し最終提出の修士論文を作成する。 【修士論文最終提出】 ≪2022年2月1日(火)16時までに浦安キャンパス事務室へ提出≫ ・学位論文(紙媒体) 4部(うち1部は穴を開けず審査委員欄を空欄にして提出) ・学位論文(電子媒体) 1部 ・学位論文要旨(論文に含む) 4部 ・参考論文(必要な場合) 4部 ・論文テーマ変更届 1部(様式M-7 最終テーマが計画書テーマと相違する場合) 学位論文3部ならびに学位論文要旨3部は、第一次提出時に使用したファイルを論文審査委員より返却してもらい再利用することも可能。表紙の審査委員欄には主査・副査名を明記する。 残りの学位論文1部ならびに学位論文要旨1部は、穴を開けずに市販のクリアファイルに入れて提出(大学保存用)。なお、大学保存用の学位論文表紙の審査委員欄は空欄とする(審査終了後、審査委員の署名を行うため)。 その他に学位論文要旨および学位論文1部を保管した電子媒体を提出する。提出された電子媒体は原則返却しない。 <修士論文作成要領> ・使用言語は日本語または英語とし、パソコンを用いて作成する。 ・研究指導教員と密に相談をしながら作成する。 ・項目区分の見出しは、原則として以下のようにする。 【要旨】→【目次】→【序論】→【方法】→【結果】→【考察】→【結論】→【謝辞】→【引用文献】 →【図表】→【資料】 ただし、各専門領域の学会刊行誌等に準拠してもよい。 ・日本語で論文を作成した場合は英文タイトルを、英語の場合は和文タイトルを記載する。 ・用紙はA4版の白色上質紙を用いて片面印刷、縦置き横書き、1行40文字、1頁30行とする。 上下35mm、左右30mmの余白をとり、下余白中央部分に頁番号をふる。 (頁番号をふるのは序論からとする。) ・1頁目を所定の表紙、2頁目を目次、その次から本文とする。(本文は【序論】から【図表】までとし、 60枚以内とする。) 学術記号等の記載にあたっては、各専門領域の学会学術雑誌の規定に準拠して良い。 (注) ・文献は、原則として医療看護研究誌に準拠して表記する。 ・見出しは、章【Ⅰ.・Ⅱ.・Ⅲ.…】、節【1.・2.・3.…】、項【 1)・2)・3)…】、 項の下は【(1)・(2)・(3)…】で記載する。 _______ _______ _______ _______ _______ _______ _______ _______ _______ _______ 修士論文要旨 学籍番号 氏名 【目的】 【方法】 【結果・考察】 【結論】 平成●●年度 順天堂大学大学院医療看護学研究科 修士論文 タイトルタイトルタイトルタイトル TitleTitleTitleTitleTitleTitle 学生番号 氏 名 研究指導教員 論文指導教員 孫文審査委員 主査 副査 副査 様式M-5 表紙 A4-S版 ファイル(ピンク) 様式M-6要旨 目次 ~本文貼付 綴込 1 ~ 40 文字 _______ _______ _______ _______ _______ _______ _______ 30行_____ 左右余白 30mm 上下余白35mm - 73 -

元のページ  ../index.html#75

このブックを見る