2022年度 大学院教育要項
102/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員飯島 佐知子ナンバリング科目名看護行政政策論必修・選択選択英語科目名Nursing Administration対象学年1年担当教員授業概要全体内容 CNSや認定看護管理者等専門性の高い看護師は、対象患者に質の高い看護を提供することのみならず、保健・医療・福祉の政策上の諸問題を改善し政策的な働きかけする役割を果たすことが期待されている。そのために本授業では、政策立案に必要な調査データ、モデル事業の実施・評価の手法を教授し、Evidence Based Policy Makingの理解を促進する。さらに診療報酬・介護報酬にいて看護技術やサービス提供体制の評価に資する方法論を教授し、医療・介護の受療者である患者・利用者にとって価値ある医療・介護サービスとはなにかを討論する。これによりCNSや認定看護管理者等専門性の高い看護師が備えるべき看護政策の視点を涵養し、看護の質向上のために医療制度の改善を目指した政策的な働きかけを行うために必要な知識を修得する。到達目標1 看護の人材確保・育成に関する政策の概要及び実際について説明できる2. 看護の質向上・看護職者の質向上を図るための政策課題が説明できる3. 政策決定過程を理解し、看護政策を提言することができる。4. 診療報酬決定過程を理解し、CNS等の看護技術に対する技術評価提案書を作成できる。飯島佐知子、橋本美穂、岩澤由子、伊勢田暁子、石田昌宏、大西麻未授業形態講義成績評価の方法評価方法授業中の質疑応答30%、医療技術評価提案書40%、政策提言30%評価基準1 看護の人材確保・育成に関する政策の概要及び実際について説明できる2. 看護の質向上・看護職者の質向上を図るための政策課題が説明できる3. 政策決定過程を理解し、看護政策を提言することができる。4. 診療報酬決定過程を理解し、技術評価提案書を作成できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ保健、医療、福祉施設内の看護サービスの提供は、医療制度や看護政策の影響を受けている。また、社会の変化により対象者のニーズも刻々と変化している。これに対応してより良い看護を提供するためには、新しい制度政策を創造することが求められる。本講義では、看護政策の立案、実施過程を当事者である国会議員、政策秘書、看護協会職員から学び、政策案を作成する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力学修上の注意・看護に関する政策課題について調べ論点を整理して授業に参加すること。・厚生労働省、社会保障審議会、看護関連検討会の傍聴自身の関心のある分野での看護の課題、それに対して現行の制度・政策がどのように関連・影響しているか、さらに、その課題に対し、今後どのような医療・看護政策が必要と考えるかまとめておく※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。なし参考文献課題の発表後にコメントをフィードバックします。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考 (参考文献)野村陽子:看護政策と政策, 法政大学出版局, 2015.池上 直己:医療・介護問題を読み解く, 日本経済新聞出版, 2014.権丈善一:医療介護の一体改革と財政:再分配政策の政治経済学Ⅵ,慶應義塾大学出版会、2015小池智子:看護政策研究、看護管理学習テキスト8:看護管理研究、日本看護協会出版会、2014.東京大学公共政策大学院 医療政策教育・研究ユニット: 医療政策集中講義: 医療を動かす戦略と実践 医学書院, 2015筒井 孝子:地域包括ケアシステム構築のためのマネジメント戦略—integrated careの理論とその応用, 中央法規出版, 2014. 松田 晋哉:医療のなにが問題なのか:超高齢社会日本の医療モデル, 勁草書房,2013.井部俊子ほか(2011)看護管理学習テキスト.第7巻看護制度・政策論.日本看護協会出版会見藤隆子ほか(2006)看護職者のための政策過程入門. 日本看護協会出版会日本看護協会編(2010).日本看護協会の政策提言活動.日本看護協会出版会その他連絡先・オフィスアワー随時。事前に連絡してください。siijima@juntendo.ac.jp※…実務家担当教員関連科目看護管理学特論Ⅰ(看護管理論)、看護管理学特論Ⅱ(人的資源管理論)、医療経済特論、先修要件なし- 100 -

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る