2022年度 大学院教育要項
104/430

科目名国際保健論必修・選択選択英語科目名Global Health対象学年1年開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員岡本 美代子ナンバリング担当教員授業概要全体内容グローバル社会における人々の健康と保健・医療・福祉の現状について理解を深め、人々の健康に影響を及ぼす人口学的、社会経済的、文化的な要因等について学ぶ。保健・医療関連分野での国際協力の理念と多様な組織の国内外における活動を理解する。また、保健・医療関連分野における活動について学修する。到達目標1.グローバル社会における人々の健康と保健・医療の現状について理解を深めることができる2.保健・医療関連分野での国際協力の理念と多様な組織の国内外における活動が理解できる3.グローバル社会における保健・医療関連分野の活動の可能性について具体的に考察できる4.グローバル社会における保健・医療関連分野の活動の実際を演習により学修する5.保健・医療関連分野における参考書やアカデミック・ペーパー読解の演習を通して、関心のある領域の国際的なトレンドを学修する岡本 美代子※授業形態講義試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ共通科目の一つとして各分野の基盤となる科目であり、現代の国内外のグローバル社会に生活する人々についての幅広い保健・医療関連分野の教養を学修する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力学修上の注意現在の日本社会と国際社会を取り巻く保健・医療に関するトピックスをグローバルな視点を持って理解するための科目です。参加者との対話を重視し、基本的に日本語で、講義、演習を行います。参考文献は、授業内で紹介します。参考書、アカデミック・ペーパーの読解演習は、初心者に向けて読み方のコツや押さえておきたい基本について学修します。その他、時事ニュース等、国際的な保健・医療関連分野の情報に関心を持っておくとよいです。到達目標の4については、その時期に開催される関連イベントや活動への積極的参加を推奨します。成績評価の方法評価方法1.積極的授業参加(演習・ディスカッション)(40%)2.課題(プレゼンテーション)(40%) 3.最終レポート(20%)評価基準1.積極的授業参加(演習・ディスカッション)  ・グローバル社会における人々の健康と保健・医療の現状について説明し、ディスカッションすることができる  ・保健・医療関連分野での国際協力の理念と多様な組織の国内外における活動について説明し、ディスカッションすることができる2.課題(プレゼンテーション)  ・グローバル社会における人々の健康と健康に導く活動についてまとめ、説明ができる  ・関心のある領域の国際的なトレンドについて説明できる3.最終レポート  ・授業での学びをリフレクションし、今後の自らの活動への展望を述べることができる試験はありません。授業内の課題については事後の授業でのフィードバックを行います。最終レポートについては、個々に評価コメントをメールで送付します。テキスト書名著者出版社ISBN備考購入指定のテキストはありません。以下の参考図書について授業内で紹介します。1) Richard Skolnic著、木原正博訳「 Global Health Third Edition」(Medical Science International)2) Sarah E. Boslaugh著「Health Care Systems Around the world」(SAGE) 3) 国際看護研究会編「国際看護学入門」(医学書院)4) PHC開発研究会訳「バッシュ国際保健学講座」(じほう)5) Michael Marmot著 栗林寛幸監訳「健康格差」(日本評論社) 6) Karen Holland, Christine Hogg著 日本赤十字九州国際看護大学国際看護研究会監訳「多文化社会の看護と保健医療」7) WHO「Classification And Minimum Standards For Foreign Medical Teams In Sudden Onset Disaster」 8)岡本美代子編著「海外で国際協力をしたい人のための活動ハンドブック」(遠見書房) その他、関連論文、時事の国際的な保健・医療関連分野の課題に対応した資料・ウェブサイト情報等その他連絡先・オフィスアワー研究室:浦安キャンパス 4階第3研究室E-mail:myokamo@juntendo.ac.jpオフィスアワー:月から土曜日(9:00-18:00):対面希望の場合は、メールでアポイントメントをお取りください。特になし参考文献備考開講後のスケジュールは、受講者と話し合いながら柔軟に決めていきます。※…実務家担当教員関連科目領域に関わらず共通科目として受講できます。先修要件なし- 102 -

元のページ  ../index.html#104

このブックを見る