2022年度 大学院教育要項
105/430

授業回123-45-67-89-1112-1415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間岡本美代子グローバル社会における人々の健康 I 身近なグローバル社会(日本における多文化社会)講義GW予習:最近の健康に関連する国際的なニュースについて内容を把握しておく。「国際保健論」の授業で特に学びたいことを明確にしておく。(学習時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、身近なグローバル社会について整理しておく。(学習時間:2時間)岡本美代子グローバル社会における人々の健康 II 健康に影響を及ぼす要因講義GW予習:「健康の社会的決定要因」について予め調べて内容を把握しておく。(学習時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、「健康の社会的決定要因」がどのように人々の健康に影響を及ぼすかについて整理しておく。(学習時間:2時間)岡本美代子グローバル社会における人々の健康 III 開発途上国と健康問題講義GW課題:開発途上国を1つ選び、健康に影響を及ぼす要因と健康指標についてプレゼンテーションの準備をしておく。(学習時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、国際社会と人々の健康の概観について整理しておく。(学習時間:2時間)岡本美代子グローバル社会における人々の健康 IV 開発途上国での主要な健康課題講義GW課題:選んだ開発途上国の健康課題とその対策について考察し、プレゼンテーションの準備をしておく。(学習時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、国際社会での健康対策の概観について整理しておく。(学習時間:2時間)講義GW予習:関心のある領域の最近発行されたアカデミック・ペーパーを準備する(学修時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、関心のある領域の国際的なトレンドについて整理しておく。(学習時間:2時間)岡本美代子保健・医療関連分野での国外における活動  理念と組織 国際協力活動講義GW予習:日本の国際協力活動についていくつか調べてくる。(学修時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、国際協力の理念や組織、活動について整理しておく。(学習時間:2時間)* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)岡本美代子保健・医療関連分野での国内における活動  多文化共生社会と健康 子どもの貧困と健康格差講義GW予習:多文化共生、相対的貧困について調べてくる。(学修時間:2時間)復習:授業内容をリフレクションし、多文化共生、相対的貧困について整理しておく。(学習時間:2時間)岡本美代子まとめ講義GW予習:これまでの授業内容をリフレクションし、理解が不十分な点について明確にしてくる。(学修時間:2時間)課題(最終レポート):授業内容より関心が高まったトピックスについて考察し、今後の自らの活動への展望をする。(学習時間:2時間)岡本美代子保健・医療関連分野における国際的トレンド  参考書、アカデミック・ペーパー読解- 103 -

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る