2022年度 大学院教育要項
108/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員櫻井 しのぶナンバリング科目名保健医療連携特論必修・選択選択英語科目名Public Health Coordination対象学年1年担当教員授業概要全体内容医療が病院単体で、自己完結することは減少し、地域における医療連携が重要になってきた。本特論は、医療と介護の機能分担と連携強化のために、①病院退院時の退院支援の方策、②地域における主治医と看護職者および、福祉職者(ケアマネジャー等)の連携の方法、③医療と介護との連携などの地域における医療と介護の包括的・継続的マネジメント、④医療ニーズの高い重度者の在宅生活を支援する医療と介護の機能分担と連携の方策などについて探求する。<授業形態と進め方>講義・事例検討医療連携に関して講義した後、事例を提示し、より良い医療連携の在り方を、参加者全員で検討していく。問題解決型の授業を目指している。時には、現場を訪問・見学し、担当者の生の意見を聞くことを計画している。到達目標・事例を提示し、その事例における課題を明確にすることができる・明確となった課題から自身の次の支援へのヒントを得ることができる・自組織の課題が明確となり、今後の自己の活動のヒントを得ることができる櫻井しのぶ※、湯浅美千代※、宮本千恵美※、漆戸由紀子※、秋山正子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション資料(30%)、ディスカッションへの参加状況(30%)、レポート(40%)を総合して評価する。評価基準・提示された事例における課題を明確にすることができる・地域連携、多職種連携に関する自組織と自身の課題を述べることができる・明確となった課題から自身の今後の実践活動について述べることができる試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ共通科目として、現在の保健・医療体制における看護実践に必須となっている地域連携、多職種連携の考え方と実際を学ぶ。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力学修上の注意・第1回の授業終了後に示した事例発表、プレゼンテーションのための資料を作成・自組織(もしくは、以前所属していた組織)における退院支援の流れについて説明できるよう復習し、理解しておくことが望ましい。・医療連携は、常に進化している。事例検討をしつつ、日々の看護の実践に有意義であるよう授業展開をするので、主体的に参加してほしい。特になし参考文献授業内または授業後にコメントする。メールでの質問、相談に対応する。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考秋山正子:つながる・ささえる・つくりだす 在宅現場の地域包括ケア:医学書院:2016その他、その都度最新の資料を配布する予定である。その他連絡先・オフィスアワー順天堂メールアドレスにて随時連絡可能櫻井:ssakura@湯浅:myuasa@宮本:c-miyamoto@漆戸:yurushi@秋山:授業終了後に教室あるいはメールで質問を受け付ける。※…実務家担当教員関連科目看護行政政策論、福祉特論、医療経済特論、看護管理学特論Ⅰ、地域看護学特論Ⅰ、在宅看護特論Ⅰ先修要件なし- 106 -

元のページ  ../index.html#108

このブックを見る