2022年度 大学院教育要項
118/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員岩渕 和久ナンバリング科目名臨床薬理学必修・選択選択英語科目名Clinical pharmacology対象学年1年担当教員授業概要全体内容生物学的製剤など新たな医薬品が次々と患者に投与されており、看護職者は臨床の場において薬物治療や医薬品の知識を備えている必要がある。本授業では薬物治療の基礎や薬物治療の科学的根拠、医薬品の適正使用に必要な臨床薬理学の基礎的知識を習得する。さらに、緊急応急処置や慢性疾患管理等に必要な薬剤を中心に、薬剤使用の判断、投与後の患者モニタリング、生活調整、回復力の促進、患者の服薬管理能力向上に関する知識とそれらを基にした看護技術について学ぶ。授業形態はセミナー形式の予定である。到達目標①臨床の場において、正しく医薬品を使用するために必要となる臨床薬理学の基礎知識を学び、対象患者の治療薬使用の判断の根拠、用い方を説明できる。②薬剤投与後の患者モニタリングの意義を理解する。③患者の服薬管理能力が向上するような服薬に関する説明・観察・指導などが説明できる。岸野吏志※、木村利美※、加藤俊介※、宮崎哲朗※、中野真理子※、岩渕和久※授業形態講義成績評価の方法評価方法授業における参加度(50%)、課題レポート(50%)で評価する。評価基準①臨床の場において、正しく医薬品を使用するために必要となる臨床薬理学の基礎知識を学び、対象患者の治療薬使用の判断の根拠、用い方を説明できる。②薬剤投与後の患者モニタリングの意義を理解する。③患者の服薬管理能力が向上するような服薬に関する説明・観察・指導などが説明できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ看護実践する上で必要な薬物治療や医薬品の知識と理論を修得する上で必要な授業である。。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP1-看護学の専門分野に関する研究に高い倫理観をもって取り組む研究能力学修上の注意1.事前にシラバス内容に基づき、参考書等に目を通して概要を把握し、理解できないところを抽出しておく。2.配布された資料の内容や授業中のメモを教科書や参考書と照合して理解を深める。※各授業につき予習30分、復習90分を目安とする。なし参考文献掲示板にて学習すべきことなどを通知する。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考 指定しない薬が見えるvol.1, vol.2 (メディアックメディア)、イラストで学ぶ薬理学(医学書院)、図解 薬理学(医学書院)その他連絡先・オフィスアワーiwabuchi@juntendo.ac.jp随時受け付けます。※…実務家担当教員関連科目なし先修要件なし- 116 -

元のページ  ../index.html#118

このブックを見る