2022年度 大学院教育要項
128/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員野崎 真奈美ナンバリング科目名看護技術開発学特論必修・選択選択英語科目名Development of Nursing Skills対象学年1年担当教員授業概要全体内容「看護技術とは何か」を問い、実践と教育における看護技術の過去と現在から今後の看護技術研究の課題を探求し、将来のあり方について探求する。また、文献検討を通して、看護技術の科学的根拠と看護技術開発の展望について検討する。到達目標・「看護技術」は発展する、変化する、その意味を述べることができる。・看護技術の原理とは何かを述べることができる。・EBNの観点から、検討すべき看護技術は何かを探求することができる。・看護技術教育の変遷から、そのあり方を批判的に検討することができる。・今日的な看護技術教育の方法について提案することができる。野崎真奈美※、石塚淳子※、高梨あさき※、寺岡三左子※授業形態講義成績評価の方法評価方法・課題についてプレゼンテーションを行い、看護技術について意見を述べる。・プレゼンテーションの内容について、質問や意見を述べる。・他者の意見に耳を傾け、ディスカッションすることにより考えを深める。・看護技術の発展について、看護技術教育について、学んだことをレポートに記述する。評価基準授業への参画度(積極性、貢献度)20%、プレゼンテーション40%、レポート40%を総合して評価する。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ日々の看護実践を問題意識をもって振り返り、研究疑問を抽出し、研究活動に発展させる一助とする。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意・さまざまな参考文献を用いて、自分が考える「看護技術とは」を定義する。・エビデンスのある看護技術、エビデンスのない看護技術について調べる。・変化してきた看護技術について調べる。・現在実践されている看護技術の教育方法について調べる。・看護技術の教育上の課題について調べる。特になし参考文献・授業時間外の学習成果については、授業中にフィードバックする。・最終課題は授業中に評価し、即時コメントする。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考受講に際して各回の授業テーマに関連する、疑問や課題などを持ち、主体的に学習する。参考文献・氏家幸子:看護基礎論,医学書院,2004・坪井良子他編:考える基礎看護技術Ⅰ 看護の基本 第3版,NOUVELLE HIROKAWA,2005・阿曽洋子他編著:実践へつなぐ 看護技術教育,医歯薬出版株式会社,2006・三枝博音:技術思想の探究,こぶし文庫3,こぶし書房、1995・池川清子:看護−生きられる世界の実践知−,ゆみる出版,1991・村中陽子他編著:学ぶ・試す・調べる 看護ケアの根拠と技術 第2版,医歯薬出版株式会 社,2013・Patricia A.Potter,Anne Griffin Perry:Fundamentals of Nursing 8th,Elsevier-Health Sciences Division,2012.・阿部幸恵編著:看護のためのシミュレーション教育,医学書院,2013.その他連絡先・オフィスアワー随時電子メール(ma-nozaki@juntendo.ac.jp)で質問を受け付ける※…実務家担当教員関連科目特になし先修要件特になし- 126 -

元のページ  ../index.html#128

このブックを見る