2022年度 大学院教育要項
129/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間野崎看護技術の今後のあり方を検討する。看護技術開発研究の発展の発展と課題を考察する。プレゼンテーションとディスカッション予習:看護技術研究論文を検索する(学習時間:90分)復習:看護技術の発展と課題について考察する(学習時間:90分)寺岡看護技術のシミュレーション教育講義とディスカッション予習:提示する参考資料または関連する看護技術研究論文を読む(学習時間:90分)復習:シミュレーション基盤型教育の特徴をふまえ、看護技術とは何か、また、現在の看護技術教育について考察する(学習時間:90分)野崎ガイダンス看護技術論(看護技術とは)・看護における技術の意味講義予習:自身の看護実践を振り返っておく(学習時間:90分)復習:看護技術、看護実践能力における課題を抽出する(学習時間:90分)野崎看護技術の開発研究の特徴と動向を把握する。プレゼンテーションとディスカッション予習:看護技術研究論文を検索する(学習時間:90分)復習:看護技術研究の課題について考える(学習時間:90分)高梨看護実践の科学的根拠看護における実験研究の現状薬理学生理学的アプローチ看護における実験研究の重要性講義予習:興味ある実験研究の論文を読む(学習時間:60分)復習:次回の実験演習の計画立案、グループでの検討(学習時間:90分)高梨看護実践の科学的根拠実験研究の実際演習(実験)予習:実験計画の具体的なスケジュール、役割分担をグループで行う。(学習時間:60分)復習:実験結果の整理、考察する。(学習時間:90分)寺岡看護技術のシミュレーション教育プレゼンテーションとディスカッション予習:看護技術教育/開発に関する問題提起のための準備をする(学習時間:90分)復習:ディスカッション内容を整理し、看護技術教育/開発における自己の役割や将来の展望について考察する(学習時間:90分)寺岡看護技術のシミュレーション教育プレゼンテーションとディスカッション予習:提起した問題について解決のための具体的なプランを考える(学習時間:90分)復習:プレゼンおよびディスカッション内容をまとめ、自己のもつ教育/研究上の課題と関連させて考察する(学習時間:90分)講義・演習予習 事前配布資料を読む(学習時間:2時間)復習 授業当日に渡した資料をまとめる(学習時間:2時間)高梨看護実践の科学的根拠実験研究の実際演習(実験)プレゼンとディスカッション予習:実験結果の整理、考察をグループで検討する。(学習時間:90分)復習:他のグループの結果を踏まえ看護における実験研究について考察する。(学習時間:90分)石塚(三島キャンパス)看護技術の教育方法(三島キャンパス)講義・演習予習 事前配布資料を読む(学習時間:2時間)復習 授業当日に渡した資料をまとめる(学習時間:2時間)* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)野崎、寺岡、髙梨、石塚看護技術研究の課題の検討各自の関心領域に焦点をあて、看護技術研究論文を批判的に検討し、看護技術研究の課題について考察するとともに看護技術教育のあり方を展望する。プレゼンテーションおよびディスカッション予習:関心領域の看護技術研究論文を精読し確認しておく。(学習時間:2時間)復習:看護技術研究の課題を確認するとともに看護技術教育のあり方を展望する。(学習時間:2時間)野崎、寺岡、髙梨、石塚看護技術研究の課題の検討各自の関心領域に焦点をあて、看護技術研究論文を批判的に検討し、看護技術研究の課題について考察するとともに看護技術教育のあり方を展望する。講義予習:関心領域の看護技術研究論文を精読し確認しておく。(学習時間:2時間)復習:看護技術研究の課題を確認するとともに看護技術教育のあり方を展望する。(学習時間:2時間)野崎、寺岡、髙梨、石塚看護技術研究の課題の検討各自の関心領域に焦点をあて、看護技術研究論文を批判的に検討し、看護技術研究の課題について考察するとともに、看護技術教育のあり方を展望する。プレゼンテーションおよびディスカッション予習:関心領域の看護技術研究論文を精読し確認しておく。(学習時間:2時間)復習:看護技術研究の課題を確認するとともに看護技術教育のあり方を展望する。(学習時間:2時間)石塚(三島キャンパス)看護技術の教育方法(三島キャンパス)講義・演習予習 事前配布資料を読む(学習時間:2時間)復習 授業当日に渡した資料をまとめる(学習時間:2時間)石塚(三島キャンパス)看護技術の教育方法(三島キャンパス)- 127 -

元のページ  ../index.html#129

このブックを見る