2022年度 大学院教育要項
136/430

科目名慢性看護学特論Ⅰ(慢性病看護論)必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing I対象学年1年授業概要開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員髙谷真由美・長瀬雅子(浦安),近藤ふさえ(三島)ナンバリング担当教員髙谷真由美※、長瀬雅子※、近藤ふさえ※授業形態講義※…実務家担当教員全体内容慢性病をもつ人々及び家族が抱える複雑で解決困難な問題と背景、患者の反応や行動に関する諸理論について理解し、諸理論の活用について探求する。授業の位置づけ慢性看護学の研究・教育等における基盤となる理論やモデルについて学ぶ。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力評価基準1. 慢性病をもつ人々の行動、心理を理解するために必要な理論やモデルについて説明できる。2. 慢性病を持つ人々や家族の援助に必要な主要な概念・理論の要点を説明できる。3. 各概念・理論の臨床応用について自身の実践事例と結び付けて発表できる。 4. 慢性病を持つ人々や家族を支援するための概念・理論の活用についての考えを記述できる。到達目標1. 慢性病をもつ人々の行動、心理を理解するための視点を持つことができる。2. 慢性病を持つ人々や家族の援助に必要な主要な概念・理論の要点を説明できる。 3. 各概念・理論の臨床応用について自身の実践事例と結び付けて発表できる。 4. 慢性病を持つ人々や家族を支援するための概念・理論の活用についての考えを記述できる。先修要件なし関連科目慢性看護学特論Ⅱ学修上の注意・テーマに関する資料・文献を読み、ディスカッションの準備をする。・テーマに関する文献を読み、事例をまとめるなどプレゼンテーションの準備をする。・関心のある特定領域について文献検討を行い、研究・実践の現状と問題点、指向すべき方向を検討し、レポートにまとめる。 ※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。成績評価の方法評価方法事前学習・プレゼンテーション(60%)、討議(30%)、レポート(10%)参考文献試験・課題に対するフィードバック方法プレゼンテーションや、各回の討議内容についてその都度フィードバックする。また、提出されたレポートについて、個別にフィードバックする。テキスト書名著者出版社ISBN備考なし1) アーサー・クライマン著/江口重幸他訳:病いの語り−慢性の病いをめぐる臨床人類学,誠心書房,1996. 2) A. Bandura監修/本明寛・野口京子監訳(1995):Self-Efficacy in Changing Societies/激動社会の中の自己効力,金子書房,1-15,1997. 3) E. Goffman/石黒毅訳:スティグマの社会学−烙印を押されたアイデンティティ改訂版,せりか書房,2001. 4) I. M. Lubkin 他著/黒江ゆり子他訳:クロニックイルネス−人と病の新たなかかわり,医学書院,2007. 5) Pirre Woog ed./黒江ゆり子他訳:慢性疾患の病みの軌跡−コービンとストラウスによる看護モデル/The chronic Illness trajectory framework,The Cobin Strauss Nursing Model,医学書院,2005. 6) A. L. Strauss and Juliet Corbin et.al/南裕子監訳:慢性疾患を生きる−ケアとクオリティ・ライフの接点/Chronic Illness,医学書院,2000. 7) リチャード・S・ラザルス,スーザン・フォルクマン/本明寛監訳:ストレスの心理学 認知的評価と対処の研究,実務教育出版,1991. 8) シェルドン・コーエン編著/小杉正太郎他監訳:ソーシャルサポートの測定と介入,川島書店,2005.  9) Karen Glanz and Frances Marcus Lewis et al/曽根智史他訳: 健康行動と健康教育−理論・研究・実践,医学書院,2006.10) 野川道子: 看護実践に生かす中範囲理論,メヂカルフレンド,2010.- 134 -

元のページ  ../index.html#136

このブックを見る