2022年度 大学院教育要項
138/430

科目名慢性看護学特論Ⅱ(慢性病療養支援論A)必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing II対象学年1年担当教員髙谷真由美※、長瀬雅子※、樋野恵子※、近藤ふさえ※、栗原明美※授業形態講義※…実務家担当教員授業概要開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員髙谷真由美(浦安),近藤ふさえ(三島)ナンバリング到達目標1. 慢性病を持つ人々の生活体験、変化を捉えるための理論と支援方法を説明できる。2. 慢性病をもつ人の多様な病期における適切な支援方法を選択するための概念、理論、技法・ツールを説明できる。3. 慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法を説明できる。4. 慢性病をもつ人の家族やサポート資源を活用するための理論や概念を理解し、質の高い生活を送れるようにするための考えを述べることができる。先修要件なし関連科目慢性看護学特論Ⅰ全体内容慢性病をもつ人や家族の多様で複雑な状況を捉え、療養支援のために必要な概念、理論を活用し、慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法を探求する。授業の位置づけ慢性病患者と家族の理解、療養支援に有用な概念、理論を理解するだけでなく、実践に活用できるようにすることを意図して学修を進める。慢性看護学特論Ⅰの内容を看護実践への活用という方向で深め、特論Ⅲ〜Ⅴや演習の内容と統合させて慢性疾患看護に関する基盤を作る。CNS実習の履修者においては、慢性看護学実習Ⅲの基礎に位置づけられる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力試験・課題に対するフィードバック方法授業内でのプレゼンテーション、討議内容についてはその場でフィードバックする。課題レポートは提出後総合的な評価とコメントをメール等で伝える。テキスト書名著者出版社ISBN備考学修上の注意・配布する資料を読み、ディスカッションの準備をする。・患者または家族に関するライフヒストリーを作成し、慢性病をもつ人の生活体験を理解するためのプレゼンテーションの準備をする。・関心のある領域の変化する健康レベルに応じた支援方法、課題を文献検討に基づいてまとめておく。・関心のある領域の患者および家族支援についてQOLの向上と自己実現を促す支援ついて文献検討を行い、現状と問題点、指向すべき方向についてレポートにまとめる。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。成績評価の方法評価方法事前学習・プレゼンテーション(40%)、討議(40%)、レポート(20%)評価基準1. 慢性病を持つ人々の生活体験、変化を捉えるための理論を説明しそれを用いた具体的な支援方法を例示し、実践への活用方法を想定できる。2. 慢性病をもつ人の多様な病期における適切な支援方法を選択するための概念、理論、技法・ツールを他者に説明できる。3. 慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法を具体的事例を用いて既習の知識を用いて説明できる。4. 慢性病をもつ人の家族やサポート資源を活用するための理論や概念を理解し、質の高い生活に関する考えをまとめ、看護支援によってそれを実現するために必要な課題を幅広い視点から述べることができる。1) アルフレッド・シュッツ/森川眞規雄訳:現象学的社会学,文化人類学叢,1980. 2) クリス・バルマン,スー・シュッツ/田村由美訳:看護における反省的実践 原著第5版,看護の科学社,2014.3) I. M. Lubkin, P. D. Larsen/黒江ゆり子監訳:クロニックイルネス−人と病いの新たなかかわり,医学書院,2007.4) ハーバート・ブルーマー/後藤将之訳:シンボリック相互作用論−パースペクティヴと方法,勁草書房,1991.5) サラ・T・フライ/片田範子監訳:看護実践の倫理−倫理的意思決定のためのガイド,日本看護協会出版会,2010.その他は授業内に適宜紹介するその他連絡先・オフィスアワー随時(講義担当教員ににメールで連絡のこと)本郷/浦安:高谷mtakaya@juntendo.ac.jp,長瀬mnagase @juntendo.ac.jp,樋野k-hino@juntendo.ac.jp三島:近藤fkondo@juntendo.ac.jp,栗原akkuriha@juntendo.ac.jp備考・これまでの体験および事例に基づくプレゼンテーションを中心に授業を進めるので、十分に準備をして授業に望むこと。 ・慢性病看護のなかで各自がコアとする特定領域を中心に、事例報告、研究成果などを文献検討しておく。・オフィスアワーを各担当教員が設けているので、メール等で連絡を取って、積極的にコンタクトを取ること。特になし参考文献- 136 -

元のページ  ../index.html#138

このブックを見る