2022年度 大学院教育要項
139/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間本郷/浦安:高谷三島:近藤授業の進め方慢性病をもつ人への疾病の進行と生活体験を考慮した支援の必要性講義・討議予習:慢性病を持つ人への支援に有用な理論・概念についての現在の知識や活用経験を振り返って複数の事例を提示できるようにしておく。(学習時間2時間)復習:慢性疾患看護に有用な理論を理解する前提となる知識・用語の定義を再確認し、曖昧だったり誤った知識を修正する。理論の活用における自己の課題を抽出しておく。(学習時間2時間)本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援する方法③ ナラティブアプローチ講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:樋野三島:栗原慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援する方法:意思決定支援講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援する方法① 内省と語り講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援する方法② 相互作用、コミュニケーション講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法予防から看取りまでの多様な病期における支援方法の選択講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:栗原慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法セルフマネジメント講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:樋野三島:栗原慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援する方法:家族やサポート資源課題発表・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:栗原慢性病をもつ人の生活体験を理解し支援方法:ライフヒストリーをもとにした事例検討課題発表・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法関心領域での文献・事例検討課題発表・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:長瀬三島:栗原慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法エンドオブライフケア講義・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法関心領域でのセルフマネジメントの文献・事例検討課題発表・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法症状マネジメント,行動変容、ヘルスプロモーション講義・討議予習90分、復習90分* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)本郷/浦安:長瀬三島:栗原慢性病をもつ人の変化する健康レベルに応じた支援方法関心領域でのエンドオブライフケアの文献・事例検討発表・討議予習90分、復習90分本郷/浦安:高谷三島:近藤慢性病をもつ人のQOLと自己実現にむけた支援上の現状と問題点、指向すべき方向講義・課題発表予習90分、復習90分- 137 -

元のページ  ../index.html#139

このブックを見る