2022年度 大学院教育要項
142/430

科目名慢性看護学特論Ⅳ(慢性病療養システム論)必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing IV対象学年1年担当教員長瀬 雅子※、高谷 真由美※、佐野 裕子※授業形態講義※…実務家担当教員授業概要開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員長瀬 雅子ナンバリング到達目標1. 慢性病をもつ人々に適用される医療・福祉の制度および社会資源の概要を説明できる。2. 関心領域の医療・福祉制度および活用可能な社会資源の実態を調査し、医療・福祉制度及び治療環境の革新方法について事例を用いて討議できる。3. 慢性病をもつ人々とその家族に適用される医療・福祉の制度や体制、その活用及び革新方策についての考えを記述できる。先修要件なし関連科目慢性看護学特論Ⅰ〜ⅤCNS共通科目A/B全体内容慢性病をもつ人々に適用される医療・福祉の制度や体制を理解し、療養生活を継続する上での制度・体制上の課題とその革新的方策について探求する。授業の位置づけ慢性看護CNSコースの必修科目である。慢性病の治療、療養を取り巻く環境を理解し、慢性病者を支援する方略を検討する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力試験・課題に対するフィードバック方法授業内でのプレゼンテーション、討議内容についてはその場でフィードバックする。課題レポートは提出後総合的な評価とコメントをメール等で伝える。テキスト書名著者出版社ISBN備考学修上の注意・提示された文献、資料を読み、討議の準備をする。・文献及び官公庁のデータなどを参考に慢性病を持つ人々に適用される保健医療福祉制度について調査し、討議の準備をする。また、討議課題を明らかにして授業に臨む。・プレゼンテーション、討議を経て、療養システムを改善していくための調整方策、組織変革、制度改革を含めた課題についてレポートする。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。成績評価の方法評価方法事前学習・プレゼンテーション(60%)、討論への参加度(20%)、レポート(20%)評価基準1. 慢性病をもつ人々に適用される医療・福祉の制度および社会資源の概要を説明できる。2. 関心領域の医療・福祉制度および活用可能な社会資源の実態を調査し、医療・福祉制度及び治療環境の革新方法について事例を用いて討議できる。3. 慢性病をもつ人々とその家族に適用される医療・福祉の制度や体制、その活用及び革新方策についての考えを記述できる。1) ブルーノ・パリエ著/近藤純五郎監修:医療制度改革−先進国の実情とその課題,医学書院,2014.2) 府川哲夫/磯部文雄:保健医療福祉制度論 改訂版,ミネルヴァ書房,2011. 3) 本庄恵子・野月千春・本舘教子:セルフケア看護,ライフサポート社,2015.4) L.マグワイア/小松源助・稲沢公一訳:対人援助のためのソーシャルサポートシステム,川島書店,1994.5) NPO法人日本ソーシャルワーク研究会:医療福祉総合ガイドブック2015年度版,医学書院,2015.6) 島崎謙治:日本の医療−制度と政策,東京大学出版,2011. 7) 二木 立:地域包括ケアと地域医療連携,勁草書房,2015.8) 厚生労働統計協会:国民衛生の動向2019/2020,2019.9) 厚生労働統計協会:国民の福祉と介護の動向2019/2020,2019.10) 社会保障の手引 2020年版—施策の概要と基礎資料,中央法規,2019.その他連絡先・オフィスアワー長瀬雅子 mnagase@juntendo.ac.jp備考・関心領域を中心に、医療・福祉制度体制などについ文献を中心に調べ、十分に準備をして授業に望むこと。 ・療養システム構築の課題については、慢性病看護のなかで各自がコアとする特定領域を中心に、研究成果を中心に検討し、プレゼンテーションすること。・オフィスアワーを各担当教員が設けているので、メール等で連絡を取って、積極的にコンタクトを取ること。なし参考文献- 140 -

元のページ  ../index.html#142

このブックを見る