2022年度 大学院教育要項
144/430

科目名慢性看護学特論Ⅴ(慢性病病態・治療論)必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing V対象学年1年担当教員高谷真由美、北村幸恵、坂本亜弓、堺恭子、佐野裕子、植木純、大熊泰之授業形態講義※…実務家担当教員授業概要開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員髙谷 真由美ナンバリング到達目標1. 慢性病を持つ人の身体の病理学的・生理学的な変化と特徴を理解し、知識を統合させて複雑な病態から生じている機能障害をアセスメントできる。2. 慢性病を持つ人の事例を用いて、病態・診断過程・治療管理について説明できる。3. フィジカルアセスメントと医学的診断に基づき、慢性疾患をもつ人の生活状況に合わせた長期的な療養計画の立案と支援ができる。4. 慢性疾患をもつ人への多職種連携・協働による支援について看護職の役割を述べることができ、職種の特性を活かした協働を含めた対象者への支援計画を立案できる。先修要件なし関連科目ヘルスアセスメント、フィジカルアセスメント、医学的診断・評価、療養支援、多職種連携・協働全体内容慢性病をもつ人の身体的アセスメントの方法と評価について理解する。慢性病をもつ人の病態・診断・治療過程を理解し、医学的診断・評価を含む包括的アセスメントに基づいた支援方法と、多職種連携・協働による実践的支援方法を学ぶ。授業の位置づけ慢性看護学特論、CNS演習の学修内容と関連づけ、機能病態学特論、臨床薬理学、フィジカルアセスメント論の学修内容を活用しながら、病態・診断・治療過程への理解を深める。慢性看護学実習、特に実習Ⅱの基盤になる授業である。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力試験・課題に対するフィードバック方法プレゼンテーション、討議については、その場でコメントする。課題レポートは提出後に評価し、内容と結果をメール等で伝える。テキスト書名著者出版社ISBN備考学修上の注意・配布する資料を読み、フィジカルアセスメントに関する知識を、これまでの経験と合わせて整理する。・関心領域の慢性疾患患者の事例を選び、病態・医学的診断・治療管理についてプレゼンテーションを行う準備をする。・関心領域の事例に関して、全体像や生活状況とフィジカルアセスメントに基づいた長期的治療計画案をまとめる。・関心領域の医療処置に必要な実技を行う準備をする。・慢性疾患をもつ人の病態と治療をふまえた看護支援のありかたについて、文献検討を行い、研究・実践の現状と問題点、指向すべき方向についてレポートにまとめる。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。成績評価の方法評価方法事前学習・プレゼンテーション(40%)、討議(40%)、レポート(20%)以下の視点で到達度を評価する1. 慢性病を持つ人の身体の病理学的・生理学的な変化と特徴を理解し、機能障害についてアセスメントすることができているか。2. 慢性病を持つ人の事例を用いて、病態・診断過程・治療管理について説明できる。3. フィジカルアセスメントと医学的診断に基づき、慢性疾患をもつ人の生活状況に合わせた長期的な療養計画を立案し他者にわかるように説明できているか。4. 慢性疾患をもつ人への多職種連携・協働による支援の実際を理解し、看護職者としての役割を具体的な活動計画を例示しながら説明することができているか。評価基準以下の視点で到達度を評価する1. 慢性病を持つ人の身体の病理学的・生理学的な変化と特徴を理解し、機能障害についてアセスメントすることができているか。2. 慢性病を持つ人の事例を用いて、病態・診断過程・治療管理について説明できる。3. フィジカルアセスメントと医学的診断に基づき、慢性疾患をもつ人の生活状況に合わせた長期的な療養計画を立案し他者にわかるように説明できているか。4. 慢性疾患をもつ人への多職種連携・協働による支援の実際を理解し、看護職者としての役割を具体的な活動計画を例示しながら説明することができているか。1) I. M. Lubkin, P. D. Larsen/黒江ゆり子監訳:クロニックイルネス−人と病いの新たなかかわり,医学書院,2007.2) Lynn S. Bickley/福井次矢・井部俊子監訳:ベイツ診察法,メディカルサイエンスインターナショナル,2008. 3) 松尾ミヨ子他編:ナーシンググラフィカ 基礎看護学−ヘルスアセスメント第4版,メディカ出版,2014.他適宜講義内で提示なし参考文献- 142 -

元のページ  ../index.html#144

このブックを見る