2022年度 大学院教育要項
148/430

開講学期前期単位数6単位代表教員高谷真由美・長瀬雅子ナンバリング科目名慢性看護学実習Ⅲ(統合実習)必修・選択選択英語科目名Chronic Illness and Conditions Nursing Practice III対象学年2年担当教員授業概要全体内容成人看護学特論Ⅰ〜Ⅴおよび演習で学んだこと、および慢性看護学実習Ⅰ・Ⅱを統合し、慢性病を持つ患者および家族の包括的アセスメント、患者・家族への療養支援、スタッフへのコンサルテーションおよび教育活動などを実践し、専門看護師として活躍する上での実践力を養う。実施した活動を内省し、慢性疾患看護専門看護師として活躍する上での課題を探求する。到達目標1.慢性疾病により生ずる複雑で解決困難な問題に対して諸理論やサポート資源・制度を活用した看護実践を行う。2.医師の指導の下、多職種と協働・連携しながら、コアとする特定領域の慢性病者の診断・治療に必要な薬物、検査、処置の選択や管理を学ぶ。3.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーション、ケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションおよび倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。4.慢性病を持つ人および家族の複雑で解決困難な事象に対して、諸理論やサポート資源・制度を活用し教育活動を行う。5.実施した看護実践、相談、連携・調整、教育等を内省し、慢性疾患看護専門看護師として活躍する上での課題を明確にする。髙谷真由美※、長瀬雅子※、青木きよ子※、鵜澤久美子※、坂本亜弓※、小﨑綾子※、堺恭子※、下西麻美※、漆戸由紀子※、北村幸恵※、瀬尾昌枝※、田村美紀※、宮澤初美※、植木純※、内藤俊夫※授業形態実習※…実務家担当教員試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ成人看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、CNS演習、慢性看護学実習Ⅰ・Ⅱにおける学びを統合し、慢性病を持つ患者および家族の包括的アセスメント、患者・家族への療養支援、支援に必要なコーディ—ネーション、看護スタッフへのコンサルテーションおよび教育活動などを実践する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・目標達成のためにふさわしい実習施設を選び、受け入れの打診をする。・実習計画書を作成する。 ・実習終了後は実習目的に沿ったレポートを作成する。関連科目フィジカルアセスメント特論、機能病態学特論、臨床薬理学、コンサルテーション論、看護倫理特論、看護教育学特論Ⅰ、看護管理学特論Ⅰ先修要件慢性看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、演習(慢性看護CNS)、慢性看護学実習Ⅰ、Ⅱ成績評価の方法評価方法実習内容(40%)、事例検討カンファレンスでのプレゼンテーション(40%)、実習レポート(20%)評価基準1.慢性疾病により生ずる複雑で解決困難な問題に対して諸理論やサポート資源・制度を活用した看護実践ができたか。2.多職種と協働・連携しながら、コアとする特定領域の慢性病者の診断・治療に必要な薬物、検査、処置の選択や管理について適切な提案ができたか。3.看護者を含むケア提供者に対しコンサルテーション、ケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションおよび倫理的な問題や葛藤の解決をはかれたか。4.慢性病を持つ人および家族の複雑で解決困難な事象に対して、諸理論やサポート資源・制度を活用し教育活動を実施できたか。5.実施した看護実践、相談、連携・調整、教育等を内省し、慢性疾患看護専門看護師として活動する上での自己の課題を明確にできたか。実習内容、事例検討カンファレンスはその場でコメントする。実習レポートについては、提出後コメントと総合評価をメール等で伝える。- 146 -

元のページ  ../index.html#148

このブックを見る