2022年度 大学院教育要項
150/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員大月 恵理子ナンバリング科目名ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ(ウィメンズヘルス概論)必修・選択選択英語科目名Women's Health in Nursing I対象学年1年担当教員授業概要全体内容女性のライフサイクルおよびリプロダクティブ・ヘルスにおける健康のとらえ方を理解し、ウィメンズヘルスを捉える上で必要な基本的知識(遺伝学的・生殖内分泌学的・女性医学的)及びフィジカルアセスメントについて学ぶ。女性のライフサイクルおよび周産期における健康問題の特徴と影響要因ついて理解する。女性のライフサイクルおよび周産期における発達課題を捉える上で必要な理論及び家族の発達との関連について学ぶ。到達目標1. 女性のライフサイクルにおける健康のとらえ方について理解できる。2. リプロダクティブ・ヘルスを捉える上で必要な基礎的知識を習得できる。3. 女性のライフサイクルおよび周産期における健康問題の特徴と影響要因について理解できる。4. 女性のライフサイクルおよび周産期における発達課題を捉える上で必要な理論について理解できる。5. 女性のライフサイクルと家族の発達の関連について理解できる。大月恵理子※、髙橋眞理※、増田美恵子※、青柳優子※、竹田省※、吉田 幸洋※、牧野真太郎※、森田亜希子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーションおよび資料(50%)、討議(50%)から総合的に評価する。評価基準成績評価基準1. 女性のライフサイクルにおける健康のとらえ方について説明できるか。2. リプロダクティブ・ヘルスを捉える上で必要な基礎的知識を習得できたか。3. 女性のライフサイクルおよび周産期における健康問題の特徴と影響要因について理解できたか4. 女性のライフサイクルおよび周産期における発達課題を捉える上で必要な理論について説明できるか。5. 女性のライフサイクルと家族の発達の関連について理解できたか。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ基礎教育および臨床経験をふまえ、各専門分野の特論と並行しながら、ウィメンズヘルスの対象理解を深め、ウィメンズヘルス看護の基盤となる知識を獲得し、後期のウィメンズヘルス看護学Ⅳ・Ⅴにつなげる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意事前準備はオリエンテーション時に説明する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。ウィメンズヘルスとウエルネス、ライフスパンの視点からのアプローチ,エレン・F・オルシャスキー編,高橋真理他監訳,ゆう書房,978-4904089040参考文献各担当者より指示するテキスト書名著者出版社ISBN備考備考 参考図書、その他の指定図書はオリエンテーション時に指定する。その他連絡先・オフィスアワー質問・相談は科目責任者または講義担当者に,メール等で行うかメールでアポイントをとってください。科目責任者:e.otsuki.up@※…実務家担当教員関連科目ウィメンズヘルス看護学特論Ⅱ、ウィメンズヘルス看護学特論Ⅲ先修要件なし- 148 -

元のページ  ../index.html#150

このブックを見る