2022年度 大学院教育要項
151/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間牧野真太郎リプロダクティブ・ヘルスと身体的特徴②内分泌システムとホルモン調節講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子リプロダクティブ・ヘルスと身体的特徴③性差と発達発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。大月恵理子ウィメンズヘルス:女性の生涯の健康のとらえ方とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。吉田幸洋リプロダクティブ・ヘルスと身体的特徴①受胎のメカニズム、女性生殖器の構造・生理的メカニズム講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。竹田 省女性のフィジカルアセスメント①一般・女性外来・婦人科における女性の健康アセスメントに必要なスクリーニング項目、検査方法講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。竹田 省女性のフィジカルアセスメント②周産期における女性の健康アセスメントに必要なスクリーニング項目、検査方法講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。牧野真太郎大月恵理子リプロダクティブ・ヘルスと遺伝①遺伝の基本知識講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。牧野真太郎大月恵理子リプロダクティブ・ヘルスと遺伝②染色体異常など遺伝カウンセリングに必要な知識講義、発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。増田美恵子女性の生涯における健康①思春期:思春期女性における健康問題の特徴(第二次性徴等)、発達に影響を及ぼす要因発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。青柳優子女性の生涯における健康②成熟期:成熟期女性における健康問題の特徴(月経・妊娠・不妊等)、健康に影響を及ぼす要因発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)大月恵理子女性のライフサイクルと家族の発達発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。青柳優子周産期に関連する諸理論①妊娠期の適応理論・発達危機理論発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。森田亜希子周産期に関連する諸理論②愛着理論・親役割理論発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。髙橋眞理女性の生涯における健康③更年期:更年期女性における健康問題の特徴(閉経・更年期障害・生活習慣病等)健康に影響を及ぼす要因発表、討議予習・復習各90分を目安とし、発表準備を行う。髙橋眞理女性の生涯における健康④老年期:老年期女性における健康問題の特徴(エイジング等)健康に影響を及ぼす要因- 149 -

元のページ  ../index.html#151

このブックを見る