2022年度 大学院教育要項
152/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員増田 美恵子ナンバリング科目名ウィメンズヘルス看護学特論Ⅱ(周産期ケア概論)必修・選択選択英語科目名Women's Health in Nursing II対象学年1年担当教員授業概要全体内容諸理論を活用した周産期ケアについて学ぶ。周産期ケアシステムと組織化に関する理論と実際、母子保健行政との関連について学ぶ。周産期医療・ケアにおける最新知識・技術・ガイドラインについて学び、関連する最新のエビデンスの獲得方法を学ぶ。到達目標1. 諸理論を活用した周産期の母子と家族への援助方法について理解できる。2. 周産期ケアシステムとその組織化に関する理論と実際、母子保健行政について理解できる。3. 周産期医療・ケアにおける最新知識・技術・ガイドラインを理解できる。4. 周産期ケアにおける最新のエビデンスを獲得する方法を理解できる。大月恵理子※、増田美恵子※、森田亜希子※、竹田省※、清水俊明※、市山卓彦※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション(50%)、課題レポート(50%)を統合して評価する。評価基準1.諸理論を活用した周産期の母子と家族への援助方法について説明することができるか2.周産期ケアシステムとその組織化に関する理論と実際、母子保健行政について説明することができるか3.周産期医療・ケアにおける最新知識・技術・ガイドラインを説明することができるか4.周産期ケアにおける最新のエビデンスを獲得する方法を説明することができるか試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけウィメンズヘルス看護学特論Ⅰで学習した諸理論を活用した周産期ケアについて学び、ケアシステムや最新のエビデンスについて学びを深める。ウィメンズヘルス看護学特論Ⅳ、ウィメンズヘルス看護学特論Ⅴ、ウィメンズヘルス看護学実習の基礎となる科目である。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意1.初回の授業時に提示された課題について文献を活用して事前に学習する。2.提示された課題について、資料に基づき、プレゼンテーションに臨む。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。なし参考文献各担当者より説明する。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考 各担当者より随時指示する。その他連絡先・オフィスアワー随時(事前にメールで連絡のこと)m-masuda@※…実務家担当教員関連科目ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ先修要件なし- 150 -

元のページ  ../index.html#152

このブックを見る