2022年度 大学院教育要項
158/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員大月 恵理子ナンバリング科目名ウィメンズヘルス看護学特論Ⅴ(ウィメンズヘルスケアシステム論)必修・選択選択英語科目名Women's Health in Nursing V対象学年1年担当教員授業概要全体内容女性の健康におけるヘルスケアシステムを多面的に捉え、今後のわが国におけるヘルスケアシステムのあり方をウィメンズへルスの視点から探求することについて教授する。到達目標1.女性の健康におけるヘルスケアシステムを多面的に捉えることができる。2.今後のわが国における女性を中心としたヘルスケアシステムのあり方について、Women's Health の視点から探求することができる。3.Women's Health Care Systemの構築に向けた活動戦略を考察できる。大月恵理子※、青柳優子※、若林律子※、竹田省※、板倉敦夫※、牧野真太郎※、糸賀知子※、齋藤いずみ※、佐藤陽子※、西岡笑子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーションおよび資料50%と討議50%評価基準1.我が国の女性の健康におけるヘルスケアシステムについて説明できる2.諸外国の女性の健康におけるヘルスケアシステムについて説明できる。3.女性の健康におけるヘルスケアシステムについて多面的な視点で説明できる4.今後のわが国における女性を中心としたヘルスケアシステムのあり方について、Women's Health の視点から探求することができる。5.Women's Health Care Systemの構築に向けた活動戦略を考察できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ各専門分野の特論と並行し、特にウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲをもとにし、ウィメンズヘルスケアシステムについて学び、演習につなげる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意講義前に指定する課題を学習して講義に参加する。各担当教員に事前課題を確認する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。特に指定しない参考文献各担当教員の指示にしたがうテキスト書名著者出版社ISBN備考備考 Ellis Quinn Youngkin, Women's Health ? A primary care Clinical Guide, PEARSON Prentice HallCatherine Ingram Fogel, Nancy Fugate Woods, WOMEN'S HEALTH CARE IN Advanced Practice Nursing, Springer随時授業の中で紹介する。その他連絡先・オフィスアワー質問・相談は科目責任者または授業担当者にメールで行う。もしくは,メールでアポイントをとり、行う。科目責任者:e.otsuki.up@※…実務家担当教員関連科目ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、演習、演習(ウィメンズヘルス看護CNS)先修要件なし- 156 -

元のページ  ../index.html#158

このブックを見る