2022年度 大学院教育要項
161/430

授業回第1週第2週その他連絡先・オフィスアワー質問・相談は科目責任者にメールにて行う。面接が必要な場合は,メールにてアポイントをとり相談する。板倉敦夫,岡田綾,山本育子大月恵理子産婦人科外来及び女性総合診療科(順天堂医院)での実習女性のフィジカルアセスメントおよびメンタルヘルスアセスメント1.産婦人科外来及び女性総合診療科外来における診療に参加し、診療の実際を学ぶ。2.初診時のアナムネ聴取事例についてアセスメントを行い必要な医療・ケアについて討議する。3.診療場面やカンファレンスに参加し、他職種との協働について考察する。4.診療場面やカンファレンスに参加し女性の自己決定の課題について考察する。5.医師・指導者のもとで包括的指示に基づく一部医行為について学ぶ実習、発表、討議個別指導予習として自己の課題の明確化により実習計画立案。復習として実習内容のリフレクション備考授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間佐藤陽子大月恵理子母性CNSの役割実習(昭和大学病院)1.母性看護CNSの役割(看護実践・調整・倫理調整・相談・教育・研究)を理解する。  特に、周産期で婦人科的な問題を抱えている対象に対するCNSの関わり(がん、DV,感染症)2.実習カンファレンスにおいて母性看護専門看護師としての課題を明確にする。3.実習の考察から選択した特定の課題について改革モデル案を作成し、ケア構築に向け討議する。実習、発表、討議個別指導予習として自己の課題の明確化により実習計画立案。復習として実習内容のリフレクション* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)- 159 -

元のページ  ../index.html#161

このブックを見る