2022年度 大学院教育要項
164/430

開講学期通年単位数4単位代表教員大月 恵理子ナンバリング科目名ウィメンズヘルス看護学実習Ⅲ(統合実習)必修・選択選択英語科目名Women's Health in Nursing Practice III対象学年2年担当教員授業概要全体内容関心の高い特定の領域において、疾患のみならず、ヘルスプロモーション(健康教育)、システムケアの視点から、母性看護専門看護師としての高度な看護実践活動を行う能力を習得する。看護実践の創造、改革、改善に向けた課題を見出し、臨床に有用な課題解決力を養う。到達目標1.関心の高い特定の領域において、母性専門看護師として専門知識を用いたアセスメントを行い、高度な看護実践技術を用いてケアを実践できる。2.女性の生涯における健康問題(課題)を抱える個人または集団を受け持ち、健康教育や相談活動を実践できる。3.健康問題(課題)をもつ女性に対する医療やケアのあり方を倫理的視点でとらえ、倫理的判断に基づいて適切に対応することができる。4.女性への看護ケアを行うスタッフに対する相談を行うことができる。5.多職種との協働の中でリーダーシップを発揮して、必要なケアをコーディネートできる。6.看護スタッフによるカンファレンスや勉強会を企画、運営し、問題解決に向けて指導的な役割を果たすことができる。7.ケアシステムの問題について考察し、政策提言に向けた活動ができる。看護実践の創造、改革、改善に向けた課題を見出し、研究的アプローチを用いて臨床に有用な課題解決力が習得できる。大月恵理子※、増田美恵子※、森田亜希子※、岡田綾※、山本育子※、鈴木美智子※、菅原淳※、長坂桂子※、板倉敦夫※授業形態実習試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ〜Ⅴおよび演習(ウィメンズヘルス看護CNS)の学びを基盤とし、ウィメンズヘルス看護実習Ⅰ・Ⅱをふまえ、母性看護CNSとしての高度実践能力を獲得し,その役割の理解を深める。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意ウィメンズヘルス看護学特論、演習、実習Ⅰ、Ⅱで学習した内容を活用する。関心の高い領域について事前学習を行い、実習計画に反映させる。事前に教員と打ち合わせを行い、関心の高い領域を選択し、主な実習場所拠点として1または2を選択し、実習テーマを決定し、地域の健康教育との連携を含めた実習を展開する。実習場所1:順天堂大学医学部附属順天堂医院2:順天大学医学部附属浦安病院成績評価の方法評価方法実習態度(20%)、実習記録(40%)、課題レポート(40%)評価基準1.関心の高い特定の領域において、母性専門看護師として専門知識を用いたアセスメントを行い、高度な看護実践技術を用いてケアを実践できか。2.女性の生涯における健康問題(課題)を抱える個人または集団を受け持ち、健康教育や相談活動を実践できるか。3.健康問題(課題)をもつ女性に対する医療やケアのあり方を倫理的視点でとらえ、倫理的判断に基づいて適切に対応することができるか。4.女性への看護ケアを行うスタッフに対する相談を行うことができるか。5.多職種との協働の中でリーダーシップを発揮して、必要なケアをコーディネートできるか。6.看護スタッフによるカンファレンスや勉強会を企画、運営し、問題解決に向けて指導的な役割を果たすことができるか。7.ケアシステムの問題について考察し、政策提言に向けた活動ができるか。8.看護実践の創造、改革、改善に向けた課題を見出し、研究的アプローチを用いて臨床に有用な課題解決力が習得できるか。参考文献実習中のカンファレンス、実習記録に関する母性看護CNSのスーパーバイズ、実習終了後の教員との面接テキスト書名著者出版社ISBN備考特に指定しない※…実務家担当教員関連科目ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、演習(ウィメンズヘルス看護CNS)、課題研究(ウィメンズヘルス看護)先修要件ウィメンズヘルス看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、演習(ウィメンズ看護CNS)、ウィメンズヘルス看護学実習Ⅰ・Ⅱを履修していること特に指定しない- 162 -

元のページ  ../index.html#164

このブックを見る