2022年度 大学院教育要項
168/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員伊藤龍子、西田みゆきナンバリング科目名小児看護学特論Ⅱ(小児サポートシステム論)必修・選択選択英語科目名Child Health Nursing II対象学年1年担当教員授業概要全体内容社会、特に保健医療・福祉・教育との関連において小児看護学を理解するために、社会における子どものサポートシステムの動向、健康レベルに応じた子どもと家族のサポートシステム、およびそれらにおける看護の役割・機能について探求する。第1回:オリエンテーション小児看護学と社会におけるサポートシステム第2〜4回:子どもを取り巻く社会のサポートシステム第5〜15回:さまざまな状況におけるサポートシステムと看護の役割・機能到達目標1. 小児看護学におけるサポートシステムのあり方について説明できる。2. 子どもを取り巻く社会における主要な制度・政策について説明できる。3. 保健医療、福祉、教育の側面からサポートシステムの概要について説明できる。4. 子どもの健康の保持増進のためのサポートシステムについて説明できる。5. 施設や医療機関に入所および入院している子どもと家族のサポートシステムについて説明できる。6. 子どもの在宅医療を支えるサポートシステムについて説明出来る。伊藤龍子、西田みゆき授業形態講義成績評価の方法評価方法授業への参加状況30%、プレゼンテーション30%、レポート40%により総合して評価する。評価基準1. 小児看護学におけるサポートシステムのあり方について説明できる。2. 子どもを取り巻く社会における主要な制度・政策について説明できる。3. 保健医療、福祉、教育の側面からサポートシステムの概要について説明できる。4. 子どもの健康の保持増進のためのサポートシステムについて説明できる。5. 施設や医療機関に入所および入院している子どもと家族のサポートシステムについて説明できる。6. 子どもの在宅医療を支えるサポートシステムについて説明出来る。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ小児看護学の基盤となる知識を修得するディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意別途配布するスケジュール表に即して、学習要項に提示した学習内容について文献リストおよび自ら検索した文献を基に学習し、プレゼンテーション資料を毎回作成して授業前に担当教員に提出する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。なし参考文献講義内での討議によりフィードバックを行う。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考・事前学習を基に資料を作成してプレゼンテーションとディスカッション形式で進めます。・指定した文献を購読し、主体的に学習に取り組むことを期待します。・Adele Pillitteri. Maternal & Child Hearth Nursing. Care of Childbearing & Childrearing Famiry. 5th Lippincott Williams & Wilkins. 2007.・Hockenberry&Wilson.WONG’S Nursing Care of Infants and Children.2011・Votroubek W.& Tabacco A. Pediatric Home Care for Nurses. A Family-Centered Approach. 3rd Jone and Bartlett Publishers. 2010.・及川郁子監修. 新版小児看護学叢書Ⅰ. 健康な子どもの看護. メジカルフレンド社.2005.・安梅勅江編. 根拠に基づく子育ち・子育てエンパワメント. 子育ち環境評価と虐待予防. 日本小児医事出版社. 2009.・安梅勅江. コミュニティ・エンパワメントの技法. 当事者主体の新しいシステムづくり. 医歯薬出版. 2005.・安梅勅江, 木村哲彦. 生活環境論. 第6版. 医歯薬出版. 2010. 他その他連絡先・オフィスアワー・随時(事前にメールで連絡のこと r-ito@)※…実務家担当教員関連科目小児看護学特論Ⅰ先修要件小児看護学特論Ⅰ- 166 -

元のページ  ../index.html#168

このブックを見る