2022年度 大学院教育要項
172/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員西田 みゆきナンバリング科目名小児看護学特論Ⅳ(小児高度看護実践論)必修・選択選択英語科目名Child Health Nursing IV対象学年1年担当教員授業概要全体内容小児看護専門職として看護を実践するために必要な理論や研究報告、専門的な看護実践活動を行う上での関連領域との連携について、ケアシステム、ケアマネージメントにおける看護の役割および社会資源の活用の側面から理解する。さらに、小児看護の現状を分析し、小児看護専門職の課題および機能と役割について探求する。第1〜9回:小児看護専門職として必要な機能と役割第10回:小児看護の現状と小児看護専門職の役割第11〜15回:小児看護の現状を踏まえた小児看護専門職の課題到達目標1. 小児看護専門職として看護実践、コンサルテーションの機能と役割について説明できる。2. 小児看護専門職として教育の機能と役割について説明できる。3. 小児看護専門職として倫理的問題への対処について説明できる。4. 小児看護専門職として関係職種との連携のあり方について説明できる。5. ケアシステム、ケアマネージメントにおける小児看護専門職の役割について説明できる。6. 小児看護専門職として社会資源の活用の仕方について説明できる。7. 小児看護の現状を分析して小児看護専門職の機能と役割について説明できる。8. 小児看護の現状を踏まえた小児看護専門職の課題について説明できる。伊藤龍子、西田みゆき、川口千鶴、込山洋美、白幡峰子、菅原淳授業形態講義成績評価の方法評価方法授業への参加状況30%、プレゼンテーション30%、レポート40%により総合して評価する。評価基準1. 小児看護専門職として看護実践、コンサルテーションの機能と役割について説明できる。2. 小児看護専門職として教育の機能と役割について説明できる。3. 小児看護専門職として倫理的問題への対処について説明できる。4. 小児看護専門職として関係職種との連携のあり方について説明できる。5. ケアシステム、ケアマネージメントにおける小児看護専門職の役割について説明できる。6. 小児看護専門職として社会資源の活用の仕方について説明できる。7. 小児看護の現状を分析して小児看護専門職の機能と役割について説明できる。8. 小児看護の現状を踏まえた小児看護専門職の課題について説明できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ小児看護専門職として看護を実践するために必要な理論や研究報告, 専門的な看護実践活動を行うための関連領域との連携について, ケアシステム, ケアマネージメントにおける看護の役割及び社会資源の活用の側面から理解する。また, 小児看護の現状を分析し, 小児看護専門職の課題及び機能と役割について探求する。高度な看護実践活動及び研究活動の基礎と位置づける。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意別途配布するスケジュール表に即して、学習要項に提示した学習内容について購読文献リストおよび自ら検索した文献を基に学習し、プレゼンテーション資料を毎回作成して授業の2日前に担当教員に提出する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。なし参考文献講義内での討議によりフィードバックを行う。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考・事前学習を基に資料を作成してプレゼンテーションとディスカッション形式で進めます。・指定した文献を購読し、主体的に学習に取り組むことを期待します。・Rudolf M, Lee T,& Levene M. Paediatric and Child Hearth. 3rd Wiley-Blackwell. 2011.・Manley K, McCormack B,& Wilson V. International Practice Development in Nursing and Healthcare. Blackwell Publishing. 2008.・Roy SC,& Jones DA. Nursing Knowledge Development and Clinical Practice. Springer Publishing Company. 2007.・Mason DJ, Isaacs SL,& Colby DC. The Nursing Profession. Development, Challenges, and Opportunities. Jossey-Bass A Wiley Imprint. 2011.・Beaucham TL,& Childress JF.著, 永安幸正, 立木教夫監訳. 生命医学倫理. 成文堂. 2007.・四ノ宮成祥, 河原直人編著. 生命科学とバイオセキュリティ. デュアルユース・ジレンマとその対応. 東信堂. 2013.・Hamric AB, Hanson CM, &Tracy MF.et al. 著,中村美鈴,江川幸二監訳.高度実践看護—統合的アプローチ.へるす出版.2017.・佐藤直子.専門看護制度—理論と実践—.医学書院.1999.・宇佐美しおり,野末聖香.精神看護スペシャリストに必要な理論と技法.日本看護協会出版会.2009.・野末聖香編.リエゾン精神看護ケアとナース支援のために.医歯薬出版.2004.・Tracy MF,& O'Grady ET. Hamric AB, Hanson CM, &Tracy MF.et al. Hamric and Hanson's Advanced Practice Nursing: An Integrative Approach.6e.Saunders.2018.その他連絡先・オフィスアワーメール(mnishida@juntendo.ac.jp)により随時連絡可能。※…実務家担当教員関連科目小児看護学特論Ⅰ〜Ⅲ先修要件小児看護学特論Ⅰ〜Ⅲ- 170 -

元のページ  ../index.html#172

このブックを見る