2022年度 大学院教育要項
174/430

授業回1開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員西田 みゆきナンバリング科目名小児看護学特論Ⅴ(小児疾病病態論)必修・選択選択英語科目名Child Health Nursing V対象学年1年担当教員授業概要全体内容小児看護領域における高度な技術を用いた看護実践、援助および方略の開発に向けて、小児各期の疾病や外傷の病態生理、診断、検査とその解釈法、治療法について修得し、症状マネージメントの実践方法について探求する。1) 系統的な小児疾病病態論の概要について学習する。 (1)循環器疾患 (2)呼吸器疾患 (3)消化器・肛門疾患 (4)脳神経疾患 (5)腎泌尿器疾患 (6)血液・腫瘍疾患 (7)皮膚粘膜・感覚器疾患 (8)神経・筋疾患 (9)骨格系疾患・外傷 (10)感染症2) 小児特有の疾病病態と診断、検査とその解釈法について学習する。3) 小児特有の疾病病態論と治療、経過、管理について学習する。4) 小児領域で代表的な疾病病態の症状マネージメントの実践方法について学習する。到達目標1. 系統的な小児疾病病態論の概要について説明できる。2. 小児特有の疾病病態と診断、検査しその解釈法について説明できる。3. 小児特有の疾病病態と治療、経過、管理について説明できる。4. 小児領域で代表的な疾病病態の症状マネージメントの実践方法について説明できる。清水俊明、山髙 篤行、西田みゆき、伊藤龍子、川口千鶴授業形態講義成績評価の方法評価方法授業への参加状況50%、レポート50%の配分により総合して評価する。評価基準1. 系統的な小児疾病病態論の概要について説明できる。2. 小児特有の疾病病態と診断、検査しその解釈法について説明できる。3. 小児特有の疾病病態と治療、経過、管理について説明できる。4. 小児領域で代表的な疾病病態の症状マネージメントの実践方法について説明できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ小児看護学を実践する上での基礎的知識の修得ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意別途配布するスケジュール表に即して、学習要項に提示した学習内容について購読文献リストおよび自ら検索した文献を基に学習し、プレゼンテーション資料を毎回作成して授業の2日前に担当教員に提出する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。なし参考文献講義内での討議とレポートによりフィードバックを行なう。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考指定した文献を購読し、主体的に学習に取り組むことを期待します。授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間・Rudolf M, Lee T, & Levene M. Paediatrics and Child Health. 3rd. Wiley-Blackwell. 2011.・Chiocca EM. Advanced Pediatric Assessment. Lippincott Williams & Wilkins.2011.・及川郁子監修, 西海真理, 伊藤龍子編集.小児ベストプラクティス フィジカルアセスメントと救急対応.中山書店.2010. 他その他連絡先・オフィスアワーメール(mnishida@juntendo.ac.jp)により随時連絡可能。清水系統別小児疾病病態論循環器疾患の概要講義予習:テーマに関する文献学習(120分)復習:講義内で生じた疑問や指摘に関する確認(60分)レポート:テーマに関するレポート作成(60分)※…実務家担当教員関連科目小児看護学特論Ⅰ〜Ⅳ 臨床薬理学 フィジカルアセスメント特論 機能病態学特論 コンサルテーション論先修要件小児看護学特論Ⅰ〜Ⅳ- 172 -

元のページ  ../index.html#174

このブックを見る