2022年度 大学院教育要項
182/430

授業回1開講学期前期単位数2単位代表教員櫻井 しのぶナンバリング科目名地域看護学特論Ⅰ(公衆衛生看護学原論)必修・選択選択英語科目名Community Nursing I対象学年1年担当教員授業概要全体内容地域で生活する個人、家族、集団を対象にその特性に応じた健康問題の現状を把握し、その要因を探求し、適切な支援の方法と看護の役割や活動について考察し、検討する。到達目標・個人.家族.集団の健康と予防に関する地域看護領域の諸理論と概念、一連の看護過程について説明できる。・地域ケアシステムを理解し、そのシステムの中での看護の役割や地域特有の倫理的課題について検討し、自分の考えを述べることができる。・保健医療福祉行政と地域自治体・産業・学校の場での健康支援の実践及び地域ケアシステムについて説明できる。・地域ケアシステムを効果的に実践する上での技法を学習し、他職種連携のあり方について検討し、自らの考えた有り方を提示することができる。櫻井しのぶ、岩清水伴美、中山久子、原田静香、佐野裕子授業形態講義成績評価の方法評価方法原則としてレポート(25%)、レポート(25%)、討議(50%)とする。評価基準・個人.家族.集団の健康と予防に関する地域看護領域の諸理論と概念、一連の看護過程について理解し、どのように現実の健康課題に展開できるのか説明できる。・地域ケアシステムを理解し、そのシステムの中での看護の役割や地域特有の倫理的課題について検討し、自分の考えを述べることができる。・保健医療福祉行政と地域自治体・産業・学校の場での健康支援の実践及び地域ケアシステムについて理解し、その内容を説明できる。・地域ケアシステムを効果的に実践する上での技法を学習し、他職種連携のあり方について検討し、自分の意見や考察を提示し、説明することができる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ地域看護活動を展開するに必要な基礎となる事項を学び、地域看護論Ⅱ(公衆衛生看護活動論)において様々な臨地や対象・集団に看護活動を展開できる基盤とする。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意・テキストの1)2)3)を事前に熟読して、公衆衛生看護に必要な基礎的知識(ヘルスプロモーション、ソーシャルキャピタル、ヘルスリテラシー、エンパワーメント、セルフエフィカシーなど)についての理解を深めておく。・各授業の前後に提示さえた課題についてレポートを作成する※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。実践 ヘルスプロモーション,ローレンスグリーン、マーシャルグロイター、神馬征峰訳,医学書院,978-4-260-00171-7参考文献各担当者より指示するテキスト書名著者出版社ISBN備考備考開催場所・日時は変更となる場合があるため、別表を配布します。授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間1)公衆衛生看護学.JP・荒賀直子、後閑容子編・インターメディカル2)ヘルスプロモーション WHO: オタワ憲章、 島内憲夫、鈴木美奈子、垣内出版その他連絡先・オフィスアワー・随時(事前にメールでの連絡をしてください ssakura@juntendo.ac.jp)櫻井しのぶ地域看護学の基盤となる考え方:地域の捉え方、健康,ニーズと情報収集、特定集団(行政・産業・学校)看護活動の方法、特徴、活動方法講義、討議予習:現在の医療保健福祉において問題となる健康課題に関して、自分の興味のある内容を調べる。(学習時間 2時間)復習:地域看護の基盤となる概念について復習する(学習時間 2時間)※…実務家担当教員関連科目なし先修要件特になし- 180 -

元のページ  ../index.html#182

このブックを見る