2022年度 大学院教育要項
184/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員櫻井 しのぶナンバリング科目名地域看護学特論Ⅱ(公衆衛生看護学活動論)必修・選択選択英語科目名Community Nursing II対象学年1年担当教員授業概要全体内容生涯にわたり健康を維持していくための方策を学び、地域のコミュニティ−としての産業、学校、地域それぞれに焦点をあて健康の維持・増進のための施策・保健活動や先駆的な活動を、文献を素材に討論する。到達目標・生涯にわたり健康を維持していくための方策を学び、地域のコミュニティ−としての産業、学校、地域それぞれに焦点をあて健康の維持・増進のための施策・保健活動や先駆的な活動を検討し、現状における課題を説明できる。・各集団の連携、健康政策の実践に必要な社会資源の開発等の基礎的知識を学習し、コミュニティ−における健康生活支援に必要な方法について説明できる。櫻井しのぶ、中山久子、原田静香授業形態講義試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけあらゆる健康レベル、全ての成長発達段階における人々、個人・家族・集団を対象とした健康問題や健康課題について、公衆衛生的な観点や健康管理の視点から看護支援が有用であることのエビデンスを自分の興味関心あるテーマ等に沿って論じることができる内容であり、その後の特別研究の基盤とする。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意討論するための文献等は提示するが、自分で関連文献を調べ、関連事象に関する実践活動などについて、各自が討論素材を充実させる創意工夫を行ってくる。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。成績評価の方法評価方法課題レポート(90%)学習の状況(10%)で総合的に評価する評価基準・生涯にわたり健康を維持していくための方策を学び、地域のコミュニティ−としての産業、学校、地域それぞれに焦点をあて健康の維持・増進のための施策・保健活動や先駆的な活動を検討し、現状における課題を提示し説明できる。・各集団の連携、健康政策の実践に必要な社会資源の開発等の基盤となる知識やコミュニティ−における健康生活支援に必要な方法について説明できる。参考文献提示した課題においては講義内において解説を加えながらコメントする。テキスト書名著者出版社ISBN備考特になし文献等は適宜提示するCommunity and Public Health NursingAdvanced Community Health Nursing Practiceその他連絡先・オフィスアワー随時(事前に必ずメール等で連絡のこと)備考開催場所・日時は変更となる場合があるため、別表を配布します。※…実務家担当教員関連科目なし先修要件地域看護学特論Ⅰ- 182 -

元のページ  ../index.html#184

このブックを見る