2022年度 大学院教育要項
186/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員種市ひろみ、小川典子ナンバリング科目名在宅看護学特論Ⅰ(在宅ケアマネジメント論)必修・選択選択英語科目名Home Nursing I対象学年1年担当教員授業概要全体内容わが国における在宅看護の歴史および在宅医療・訪問看護・在宅ケアの現状を学び、諸外国の在宅看護との比較の中でその特性を理解する。複雑で多様な健康レベルの人の在宅看護を可能にするために必要な保健医療福祉の諸制度やその活用方法を理解する。関係機関や多職種との連携及びネットワークの構築、退院支援・調整による在宅移行の可能性を検討するための統合的なケアマネジメント過程について学修する。本授業は、ゼミナール方式で行う。生活の場で展開される在宅療養者とその家族の事例検討を行いながら発表と討議を行い、学びを統括してレポート作成を行う。到達目標1.わが国における在宅看護の歴史および在宅医療・訪問看護・在宅ケアの現状を理解し、諸外国の在宅看護との比較の中でその特性を説明できる。2.複雑で多様な健康レベルの人の在宅看護を可能にするために必要な保健医療福祉の諸制度やその活用方法を説明できる。3.関係機関や多職種との連携及びネットワークの構築、退院支援・調整による在宅移行の可能性を検討するための統合的なケアマネジメント過程について説明できる。種市ひろみ※、伊藤隆子※、小川典子※、藤尾祐子※、宮本千恵美※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション(40%)、討議(30%)、レポート(30%)を総合して評価する。評価基準1.わが国における在宅看護の歴史および在宅医療・訪問看護・在宅ケアの現状、および諸外国の在宅看護との比較の中でその特性を説明できるか。2.複雑で多様な健康レベルの人の在宅看護を可能にするために必要な保健医療福祉の諸制度やその活用方法を説明できるか。3.関係機関や多職種との連携及びネットワークの構築、退院支援・調整による在宅移行の可能性を検討するための統合的なケアマネジメント過程について説明できるか。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ在宅看護学分野の講義科目であり、在宅看護CNSコースの必修科目である。特に在宅看護の歴史、保健医療福祉制度、多職種間連携、退院支援・調整、統合ケアマネジメントについて学修する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意地域・在宅・公衆衛生看護学に関連する書籍や論文等から基本知識や動向について学習し臨むこと。なし参考文献提示された事例については、授業中にフィードバックならびに協議を行う。提出されたレポートについては、授業後添削をして返却する。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考講義受講、事例検討の発表と討議への積極的な参加と意欲的自主的な学びを期待します。・石垣和子、上野まり編:在宅看護論、自分らしい生活の継続をめざして、改訂第2版、南江堂、2017・河原加代子ほか:在宅看護論(系統看護学講座統合分野)第5版、医学書院、2018・清崎 由美子 編著:訪問看護師のための診療報酬&介護報酬のしくみと基本 2020(令和2)年度改定対応版、メディカ出版、2020・永井康徳:たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル第6版、日経NP社、2020・訪問看護業務の手引: 介護保険・医療保険 (令和2年4月版) 、社会保険研究所、2018・訪問看護実務相談Q&A 令和2年版、一般社団法人全国訪問看護事業協会、2018・高野龍昭:これならわかる〈スッキリ図解〉介護保険 第3版(2018年版)、翔泳社、2018・川村匡由 (監修):ここが変わった! 改正介護保険サービス・しくみ・利用料がわかる本(2018~2020年度版)、2018・障害者総合支援法 事業者ハンドブック 報酬編(2020年版)、中央法規、2018・二本柳覚:これならわかる〈スッキリ図解〉障害者総合支援法 第2版、翔泳社、2018・筒井孝子:地域包括ケアシステム構築のためのマネジメント戦略ーintegrated careの理論とその応用、中央法規、2014・筒井孝子:地域包括ケアシステムの深化: integrated care理論を用いたチェンジマネジメント、中央法規、2019その他連絡先・オフィスアワー連絡先:h.taneichi.uh@随時メール等で連絡をとり、積極的にコンタクトを取ること。※…実務家担当教員関連科目在宅看護学特論Ⅱ先修要件なし- 184 -

元のページ  ../index.html#186

このブックを見る