2022年度 大学院教育要項
191/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間種市ひろみ在宅看護過程の基本特性③−実施・評価・モニタリング発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする伊藤隆子在宅看護場面における倫理的・臨床的課題に基づく臨床的判断①−倫理的ジレンマ発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする種市ひろみ在宅看護過程の基本特性①−情報収集・アセスメント・課題の抽出発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする種市ひろみ在宅看護過程の基本特性②−計画立案・社会資源の活用発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする佐藤直子事例検討①複数疾患をもち機能低下の見られる高齢二人暮らしの療養者−討論・考察発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする佐藤直子事例検討②複数疾患をもち機能低下の見られる高齢二人暮らしの療養者−討論・考察発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする伊藤隆子在宅看護場面における倫理的・臨床的課題に基づく臨床的判断②−意思決定支援発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする伊藤隆子在宅看護場面における倫理的・臨床的課題に基づく臨床的判断③−合意形成発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする佐藤知子事例検討③早期退院を希望する医療依存度の高い多職種連携が必要な1人暮らしの高齢者−討論・考察発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする佐藤知子事例検討④早期退院を希望する医療依存度の高い多職種連携が必要な1人暮らしの高齢者−討論・考察発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)種市ひろみ本科目のまとめ発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする藤田淳子在宅看護における感染管理の特性発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする藤田淳子在宅看護における事故予防などの安全管理・リスクマネジメントの特性発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする渡邉美也子事例検討⑤家族の介護放棄や虐待が疑われる、意思決定能力が低い療養者−討論・考察発表、討議各回予習・復習各90分を目安とする渡邉美也子事例検討⑥家族の介護放棄や虐待が疑われる、意思決定能力が低い療養者−討論・考察- 189 -

元のページ  ../index.html#191

このブックを見る