2022年度 大学院教育要項
194/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員種市 ひろみナンバリング科目名在宅看護学特論Ⅴ(訪問看護管理論)必修・選択選択英語科目名Home Nursing V対象学年1年担当教員授業概要全体内容訪問看護事業所等の開設、効率的な管理・運営についての具体的方策および経営戦略について探求する。同時に訪問看護実践の質改善のための職場環境の整備やスタッフの教育に関する研究的取り組みについて検討する。さらに、地域包括システムにおける訪問看護の役割を広く探求する。本授業は、ゼミナール方式で行う。地域で生活する多様な健康レベルの人々を支援する看護実践能力、研究能力を高めるため、社会情勢を反映した事例、文献等を使用しながら発表と討議を行う。到達目標1.訪問看護事業所等の開設、効率的な管理・運営についての具体的方策および経営戦略について探求できる。2.訪問看護実践の質改善のための職場環境の整備やスタッフの教育に関する研究的取り組みについて検討し、提案できる。3.地域包括ケアシステムの現状と課題を踏まえ、在宅看護CNSとしての役割を考察することができる。種市ひろみ※ 奥朋子※ 上野まり※ 藤田淳子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション(40%)、討議(30%)、レポート(30%)を総合して評価する。評価基準1.訪問看護事業所等の開設、効率的な管理・運営についての具体的方策および経営戦略について説明することができる2.訪問看護実践の質改善のための職場環境の整備やスタッフの教育に関する研究的取り組みを分析することができる3.地域包括ケアシステムの現状と課題を踏まえ、在宅看護CNSとしての役割を説明することができる試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ在宅看護CNSコースの必修科目である。在宅看護において必要とされる高度実践看護の技術、特に事業所管理、経営、質評価、人材育成について学修する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意地域・在宅・公衆衛生看護学に関連する書籍や論文等から基本知識や動向について学習し臨むこと。なし参考文献提示された事例については、授業中にフィードバックならびに協議を行う。提出されたレポートについては、授業後添削をして返却する。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考講義受講、事例検討の発表と討議への積極的な参加と意欲的自主的な学びを期待します。・公益財団法人日本訪問看護財団 (監修):新版 訪問看護ステーション開設・運営・評価マニュアル 第4版、日本看護協会出版会、2021・一般社団法人 全国訪問看護事業協会 (編集):訪問看護ステーションの災害対策 第2版 追補版 マニュアルの作成と活用、日本看護協会出版会、2021・宮田 乃有:はじめてみよう訪問看護: カラービジュアルで見てわかる! 、メディケア出版、2020・島内 節:現場で使える在宅ケアのアウトカム評価:ケアの質を高めるために、ミネルヴァ書房、2018・財団法人日本訪問看護振興財団:訪問看護OJTガイドブック(第3版)、2011・東京都福祉保健局高齢社会対策部介護保険課:訪問看護OJTマニュアル、2013・東京大学高齢社会総合研究機構:地域包括ケアのすすめ−在宅医療推進のための多職種連携の試み、東京大学出版会、2014 ・二木 立:地域包括ケアと地域医療連携、勁草書房、2015 ・秋山 正子:つながる・ささえる・つくりだす 在宅現場の地域包括ケア、医学書院、2016・訪問看護ステーションにおける 事業所自己評価の ガイドライン、全国訪問看護事業協会、2015その他連絡先・オフィスアワー連絡先:h.taneichi.uh@随時メール等で連絡をとり、積極的にコンタクトを取ること。※…実務家担当教員関連科目在宅看護学特論Ⅰ〜Ⅳ先修要件在宅看護CNS選択者のみ受講可- 192 -

元のページ  ../index.html#194

このブックを見る