2022年度 大学院教育要項
204/430

授業回1開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員水野 恵理子ナンバリング科目名精神看護学特論Ⅲ(治療方法論)必修・選択選択英語科目名Psychiatric and Mental Health NursingIII対象学年1年精神医療の場において、クライエントの症状コントロールやマネージメントを行う際の基礎的知識、専門的スキルであり、精神看護学特論Ⅳ、Ⅴの基盤的知識となる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意必要時、各担当者より指示する。担当教員授業概要全体内容精神看護専門看護師が行う治療法として、以下の内容の基本理論と技法について理解する。1)ストレスマネージメントとリラクセーション2)危機介入3)支持的精神療法 4)精神科薬物療法の基本と心理教育5)認知行動療法、集団精神療法 6)アンガーマネージメント アサーション7) マインドフルネス精神障害者の症状コントロールやマネージメントに関する研究論文を検索し、その内容を基にディスカッションを行う。到達目標1. 各種精神療法の基盤となる理論の概要を説明できる。2. 各種精神療法の特徴ならびに適用と技法の原則について説明できる。3. 代表的な向精神薬の作用機序ならびに主作用と副作用について説明できる。4. リラクセーションの作用機序と適応、方法について説明できる。水野恵理子※、立石彩美※、大島泰子※、垣内千尋※、勝田成昌※、中野眞樹子※、西典子※、上野恭子※授業形態講義支持的精神療法入門,Winston A.ら(2004)山藤奈穂子・佐々木千恵訳(2009),星和書店※…実務家担当教員関連科目精神看護学特論Ⅱ、精神看護学特論Ⅳ、精神看護学特論Ⅴ、演習(精神看護CNS)、精神看護学実習Ⅱ(診断・治療実習)、精神看護学実習Ⅲ(統合実習)先修要件なし・プレゼンテーションごとに不足した知識や説明を加えるテキスト書名著者出版社ISBN備考成績評価の方法評価方法プレゼンテーションの内容(50 %)、ディスカッションの貢献度(50 %)を統合して評価する評価基準・プレゼンテーションにおいて、担当した治療方法の基盤となる理論の解釈、基礎的知識等についてわかりやすく説明ができる・事前に渡された論文や資料内容を含めたプレゼンテーションができている・ディスカッションにおいて積極的に発言がある試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ今日の治療薬(最新版),島田和幸ら(最新版),南江堂水野恵理子ストレス-コーピング理論とストレスマネージメントプレゼンテーション、ディスカッション予習:指示された論文等を読み、プレゼンテーションの準備をする (学習時間 2時間)復習:ストレス—コーピング理論の理解を深める(学習時間 2時間)その他・馬場禮子(1999).精神分析的心理療法の実践,岩崎学術出版社・功刀 浩編(2013). 研修医・コメディカルのための 精神疾患の薬物療法講義,金剛出版・ Stephen,M.S.仙波純一ほか監訳(2015).ストール精神薬学エッセンシャルズ 神経科学的基礎と応用 第4版,メディカル・サイエンス・インターナショナル.参考文献うつ病の認知療法・認知行動療法 治療者用マニュアル,厚生労働省HP.,https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/kokoro/dl/01.pdf担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間授業計画備考開講曜日は木曜 4時限であるが、非常勤講師の授業は、開講日時と場所が変わることがあるので注意すること。(初回4月14日予定)連絡先・オフィスアワー専任教員へは、オフィスアワーを設けているので、メール等で連絡をとること。非常勤講師に対しては、授業時に確認してください。- 202 -

元のページ  ../index.html#204

このブックを見る