2022年度 大学院教育要項
208/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員水野 恵理子ナンバリング科目名精神看護学特論Ⅴ(リエゾン精神看護論)必修・選択選択英語科目名Psychiatric and Mental Health NursingV対象学年1年担当教員授業概要全体内容リエゾン精神看護の目標とリエゾン精神看護専門看護師の機能について学習し、活動に必要な諸理論や概念の理解を深める。その上で精神的諸問題を抱える患者のアセスメントと直接ケアの方法について習得する。さらに医療者へのメンタルヘルス支援のあり方についても学習する。到達目標1. リエゾン精神看護専門看護師の目的、役割、機能について説明できる。2. 身体疾患患者にみられる精神的問題のアセスメントや診断、直接ケアの基本的な考え方について説明できる。3. 看護師のメンタルヘルスに関する問題の動向を調べ、個人に対する支援方法を検討できる。水野恵理子※、金子眞理子※、平井元子※、一宮洋介※、菅野康二※、上野恭子※授業形態講義※…実務家担当教員成績評価の方法評価方法プレゼンテーション(50 %)、ディスカッションの貢献度(50 %)を統合して評価する評価基準・プレゼンテーションにおいて、担当した箇所の基盤となる専門的知識についてわかりやすく説明ができる・事前に渡された論⽂や資料内容を含めたプレゼンテーションができている・ディスカッションにおいて積極的に発言がある試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ精神看護学特論Ⅱ~Ⅳで学修した諸理論と専門的知識を基に身体疾患患者の精神的問題にどのように対応できるか学習する科目である。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意なし関連科目精神看護学実習Ⅱ(診断・治療実習)、精神看護学実習Ⅲ(統合実習)先修要件精神看護学特論Ⅱ、精神看護学特論Ⅲリエゾン精神看護 患者ケアとナース支援のために,野末聖香,医歯薬出版株式会社参考文献プレゼンテーションごとに不足した知識や説明を加えるテキスト書名著者出版社ISBN備考備考本科目の開講は基本的には木曜、4時限、浦安キャンパスにおいて行うが、非常勤講師の授業では日程や場所が異なるので注意すること。(初回10月13日予定)・ 南裕子監修、平井元子(2014).リエゾン 身体とこころをつなぐかかわり、仲村書林・平井元子(2013).身体疾患患者の精神看護−リエゾンナースへの相談事例に学ぶ−、へるす出版・Theodore A. S.,et al.(2018). Massachusetts General Hospital. Handbook of general hospital psychiatry. 7ed. ELSEVIERその他連絡先・オフィスアワー専任教員へは、オフィスアワーを設けているので、メール等で連絡をとること。非常勤講師に対しては、授業時に確認してください。- 206 -

元のページ  ../index.html#208

このブックを見る