2022年度 大学院教育要項
210/430

開講学期前期単位数1単位代表教員水野 恵理子ナンバリング科目名精神看護学実習Ⅰ(役割実習)必修・選択選択英語科目名Mental Health Nursing Practice I対象学年2年担当教員授業概要全体内容精神看護学分野の高度実践看護師(精神看護CNS)の活動、すなわち直接看護ケア、相談、調整、倫理調整、教育、研究活動の場に同行し、観察を行いながら、専門看護師の役割と機能、さらに専門看護師としての態度について理解を深める。到達目標1. ケアとキュアを融合した高度看護実践として精神看護専門看護師の行う直接ケア、相談、調整、倫理調整、教育、研究場面に同行して観察し、今までの学習内容と統合して、それぞれの役割と機能について明確にできる。2. 精神看護専門看護師と患者あるいはスタッフとの関係作りや介入時の対応から専門看護師としての態度について説明できる。3. 精神看護専門看護師になるにあたって、自分自身の課題を確認することができる。水野恵理子※、大島泰子※授業形態実習試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけこの科目は実習であり、精神看護学特論Ⅴでの「精神看護専門看護師の目的、役割、機能」の授業内容について、実際のCNSの活動に同行しながら確認する。知識や技能だけでなく、CNSとしての態度とはどうあるべきかについて知ることができる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・事前に実習病院のCNSに連絡をとり、集合時刻と場所、準備するものを確認しておくこと。指導者のCNSの連絡先と連絡方法については教員に確認すること。・事前に「精神看護学演習・実習要項」の該当箇所をよく読み、準備すること。・記録形式および評価表は要項に掲載している。ファイルは教員から入手可能。成績評価の方法評価方法・実習状況(50%)・カンファレンスやディスカッション内容(20%)・記録、最終レポート、「精神看護学実習評価表」(様式10)を一緒に提出 (30%)以上を統合して評価する評価基準評価は指導者のCNSと教員とで話し合って行う。・実習に臨むために6つの役割について学習が十分に行われたか・カンファレンスにおいて、自分の意見を発表することができたか・クライエントや医療者等に対する態度はCNSとしてふさわしいか・レポート等の記載はわかりやすく書かれているか・CNSを目指すものとして、自分の課題を明確にし、専門職者としての成長へと繋げられているか参考文献・実習場所また、大学内での教員とのカンファレンスで学生の疑問や課題について話し合いを通してフィードバックとする。・「精神看護学実習評価表」を学生と一緒に振り返りながら、学生の課題と対応について話し合うテキスト書名著者出版社ISBN備考特になし※…実務家担当教員関連科目精神看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、コンサルテーション論先修要件精神看護学特論Ⅳ、精神看護学特論Ⅴ今まで購入した書籍、プリント、レジメを使用その他連絡先・オフィスアワー実習中は、緊急時はいつでも指定された連絡方法で連絡可能緊急でない場合は、オフィスアワーにメールで連絡すること備考なし- 208 -

元のページ  ../index.html#210

このブックを見る