2022年度 大学院教育要項
212/430

開講学期前期単位数2単位代表教員水野 恵理子ナンバリング科目名精神看護学実習Ⅱ(診断・治療実習)必修・選択選択英語科目名Mental Health Nursing Practice II対象学年2年担当教員授業概要全体内容精神科病院に入院あるいは通院している精神障害者に対し、精神科医師の臨床判断や精神医学診断に関する一連の考え方と手技を医師の指導の下で学び、診たてに必要な知識と技能、態度を培うことを目的とする。また、専門職のスーパービジョンを受けながら、患者の症状や生活に適した薬物療法や各種治療技法の適用の理解を深め、卓越した働きかけをするための能力を養うことを目的とする。到達目標1. 精神看護専門看護師に必要とされる臨床判断を行うための専門知識と診断手順について説明できる。2. 薬物治療の臨床適応と効果、注意事項について説明ができる。3. 電気けいれん療法や各種精神療法など治療的介入の概要と臨床適応について説明ができる。4. 患者の症状や言動の診たてを行い、直接ケアあるいは、精神科ケースマネジメント案を専門職のスーパービジョンを受けながら作成できる。さらに可能な範囲で実施、評価できる。水野恵理子※、大島泰子※、伊藤賢伸※、鈴木利人※授業形態実習試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ精神看護学討論ⅡおよびⅢで学修した内容を基盤にして、医療現場で精神科医師が実際にどのように患者の精神状態を評価と臨床判断をを行い、治療方法の適用を判断するかを学ぶ。これらは、精神科医師の常勤がいない施設において患者の精神状態を判断する際に必要となる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・事前に「精神看護学演習・実習要項」の該当箇所をよく読み、準備すること・精神看護学特論Ⅱ、Ⅲの精神科医師の授業資料を再確認・記録の種類は「精神看護学演習・実習要項」に記載している成績評価の方法評価方法実習状況:自己学習の程度、積極性など(40%)、診断・治療に関するレポート(40%)、ケースマネージメントに関するレポート(20%)を統合して評価する。評価基準(1) 精神看護専門看護師に必要とされる臨床判断を行うための専門知識と診断手順について説明できる。(2) 薬物治療の臨床適応と効果、注意事項について説明ができる。(3) 電気けいれん療法や各種精神療法など、治療介入の概要と臨床適応について説明ができる。(4) 患者の退院計画やケースマネジメントを立案し、レポートを作成できる。参考文献必要時、指導医より疑問点等の説明を受ける中間カンファレンスや最終カンファレンスにおいて、実習での課題の進捗状況ならびに課題について発表とフィードバックをおこなうテキスト書名著者出版社ISBN備考特になし※…実務家担当教員関連科目精神看護学実習Ⅲ先修要件精神看護学特論Ⅱ、精神看護学特論Ⅲ座学で用いた書籍、資料を使用その他連絡先・オフィスアワー実習中は、緊急時はいつでも指定された連絡方法で連絡可能緊急でない場合は、オフィスアワーにメールで連絡すること備考事前に実習指導者である指導医に連絡をとり、2週間の実習期間のスケジュールを確認しておく。実習施設にCNSがいる場合は、初日に実習期間中の具体的なスケジュール案を見てもらい、精神科医師やその他の専門職の協力を仰ぐ。CNSがいない場合、直接指導医に実習内容や項目の希望を伝え、調整していただく。また、必要時、看護師長に相談し、協力を仰ぐ。- 210 -

元のページ  ../index.html#212

このブックを見る