2022年度 大学院教育要項
214/430

開講学期通年単位数7単位代表教員水野 恵理子ナンバリング担当教員授業概要全体内容今までに学習した諸理論や専門知識を統合させ、精神障害者やその家族、ならびにリエゾン精神看護領域のクライエントのQOLの向上を目指したケアとキュアを融合した高度な精神看護実践を行う。本実習は2部で構成される。いずれもCNSのスーパービジョンを得ながら実施する。【実習1】 精神科病院での直接ケア実習 4単位:精神科病院に入院している精神疾患患者を受け持ちとし、直接ケア、ケースマネジメントを中心に介入の立案、実践、評価を行う。【実習2】 ① リエゾン精神看護実習:一般診療科の病院において、リエゾン精神看護を必要とする患者について包括的アセスメントに基づいて直接ケアを行う。また、② 間接ケア実習(主にコンサルテーション、コーディネーション)を実施する。リエゾン精神看護実習と間接ケア実習を統合し、3単位とする。なお、間接ケア実習は【実習1】で実施してもよい。到達目標【実習1:精神科病院での直接ケア実習】(1) 精神疾患患者の精神、身体、社会生活機能について諸理論や専門知識を基盤として適格に包括的なアセスメントを行い、介入の計画、実践、評価ができる。(2) 精神疾患患者とその家族の人権の保障という視点をもち、医療チームへのアプローチができる。【実習2:リエゾン精神看護実習と間接ケア実習】(1) リエゾン精神看護を必要とする精神的な問題をもつ患者に対し、その患者の状態に適した直接ケアを計画し、実施と評価ができる。(2) コンサルテーションをコンサルティの問題に合わせて組み立て、実践することができる。(3) コーディネーションを組織の特徴を踏まえ、問題解決のための介入を計画し、実践することができる。(4) 高度実践看護師である精神看護専門看護師としてふさわしい態度を示すことができる。科目名精神看護学実習Ⅲ(統合実習)必修・選択選択英語科目名Mental Health Nursing Practice III対象学年2年水野恵理子※、大島泰子※、渡辺純一※、平井元子※授業形態実習成績評価の方法評価方法実習1:実習の評価は実習指導者のCNSと教員とで検討して決定する。・実習全体の内容(50 %)、レポート内容(30 %)、精神看護CNSとしての態度(20 %) 以上を統合して評価する。実習2:実習の評価は実習指導者のCNSと教員とで検討して決定する。・リエゾン精神看護実習での直接ケア実施状況とレポート(50 %)・コンサルテーション(レポートを含む)(20 %)・コーディネーション(レポートを含む)(20 %)・精神看護専門看護師を目指すものとしての態度(10 %)  以上を統合して評価する評価基準【実習1】(1) 精神疾患患者の精神、身体、社会生活機能について諸理論や専門知識を基盤として適格に包括的なアセスメントを行い、直接ケアの計画、実践、評価がどの程度できているか。(2) 精神疾患患者とその家族の人権の保障という視点をもち、医療チームへのアプローチがどの程度できているか。【実習2】(1) リエゾン精神看護を必要とする精神的な問題をもつ患者に対し、その患者の状態に適した直接ケアを計画し、実施と評価ができているか。(2) コンサルテーションをコンサルティの問題に合わせて組み立て、実践することができているか。(3) コーディネーションとして、組織の特徴を踏まえた上で、問題解決のための計画を作成し、実践することができているか。(4) 高度実践看護師である精神看護専門看護師としてふさわしい態度を示すことができたか。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ今までの座学科目で学修した専門知識と、演習(精神看護CNS)、精神看護学実習Ⅰ、Ⅱで得た知識、技術、態度等をどのように統合させるか考えながら応用する実習である。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・受け持ち患者の状況に合わせて、授業内のテキストや資料に止まらず、最新の研究から治療、援助に関するエビデンスを調べながら実施する・事前に「精神看護学演習・実習要項」の該当箇所をよく読み、準備すること参考文献中間カンファレンスまたは、必要時に大学内で教員と話し合い、フィードバックやサポートを行う最終カンファレンスでは指導CNSと教員を交えて直接ケアと間接ケアについて発表とフィードバックを行うテキスト書名著者出版社ISBN備考なし備考なし※…実務家担当教員関連科目精神看護学特論Ⅰ〜Ⅴ、演習(精神看護CNS)、精神看護学実習Ⅰ,Ⅱ先修要件なし今までの座学で用いたテキストと資料を用いるその他連絡先・オフィスアワー実習中は、緊急時はいつでも指定された連絡方法で連絡可能緊急でない場合は、オフィスアワーにメールで連絡すること- 212 -

元のページ  ../index.html#214

このブックを見る