2022年度 大学院教育要項
222/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員髙山 京子ナンバリング科目名がん看護学特論Ⅳ(がん薬物療法看護論)必修・選択選択英語科目名Oncology Nursing IV Topices in Chemotherapy Nursing対象学年1年担当教員授業概要全体内容がん薬物療法のレジメンについて理解を深め、がん薬物療法を受ける患者に生じる有害事象の予防・早期発見・早期対処を行うための臨床判断および患者のセルフケア能力を高めるための援助方法について探求する。また、がん薬物療法を継続することを支える援助方法について探求する。到達目標1. がん薬物療法を確定するプロセス・治療プロセスについて説明できる。2. がん薬物療法で使用する薬剤の特性と作用機序、有害事象について説明できる。3. がん薬物療法を受ける患者の療養生活に必要な支援についてアセスメントできる。4. がん薬物療法の有害事象による日常生活への影響、ガイドライン、支持療法を理解し、有害事象に対する臨床診断方法や治療中の生活の質を高めるためのセルフケア能力を高めるための援助方法について討議できる。髙山京子※、城戸秀倫※、吉岡多美子※、荻津佳奈江※、大江裕一郎※授業形態講義成績評価の方法評価方法授業での討議内容(30%)、発表資料(30%)、プレゼンテーション(40%)を総合して評価する。評価基準・ がん薬物療法を確定するプロセス・治療プロセスについて説明できるか・ がん薬物療法で使用する薬剤の特性と作用機序、有害事象について説明できるか・ がん薬物療法を受ける患者の療養生活に必要な支援について説明できるか・ がん薬物療法の有害事象に対する臨床診断方法をガイドラインを用いて説明できるか・ がん薬物療法の有害事象に対するセルフケア能力を高めるための援助方法を説明できるか試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけがん薬物療法を受ける患者に対する高度な看護実践を行う上で必要となる臨床判断や援助方法について学修する。5つのがん看護学特論の1つであり、演習(がん看護CNS)、がん看護学実習Ⅰ〜Ⅲの基盤となる。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意・授業内容に対して文献および研究論文による学修を行って授業に臨む。・発表を行う回は、授業内容あるいは別途提示される課題について資料を作成する。 不明な点は積極的に教員に相談すること。・授業終了後は、学修内容のがん看護実践への適用について検討する。特になし参考文献発表資料に対しては、プレゼンテーション後に講義内でコメントをする。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考 適宜紹介する。その他連絡先・オフィスアワー随時(事前にメールで連絡のこと k.takayama.sv@juntendo.ac.jp)※…実務家担当教員関連科目がん看護学特論Ⅰ〜Ⅲ、がん看護学特論Ⅴ、演習(がん看護CNS)、がん看護学実習Ⅰ〜Ⅲ先修要件なし- 220 -

元のページ  ../index.html#222

このブックを見る