2022年度 大学院教育要項
233/430

授業回123456789101112131415授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間岩渕 和久2.獲得免疫のしくみ講義予習:免疫学のテキストの関連ページを読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)岩渕 和久3.粘膜免疫・液性免疫の賦活化講義予習:免疫学のテキストの関連ページを読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)岩渕 和久Ⅰ.病原微生物の基礎知識Ⅱ.感染のしくみ講義予習:微生物学のテキストの関連ページを読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)岩渕 和久Ⅲ.感染に対する生体防御機構1.自然免疫のしくみ講義予習:免疫学のテキストの関連ページを読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)北村 文彦2.病院・施設における公衆衛生と感染症講義予習:事前に配布する講義資料を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)北村 文彦3.世界における公衆衛生と感染症講義予習:事前に配布する講義資料を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)岩渕 和久Ⅳ.病原微生物による感染症1.病原細菌と感染症2.病原真菌と感染症3.ウイルスと感染症講義予習:微生物学のテキストの関連ページを読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)篠原 厚子Ⅴ.感染制御のための公衆衛生学1.地域における公衆衛生(水道・下水道・河川・公共施設)講義予習:事前に配布する講義資料を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)講義討議予習:事前に配布する講義資料、疫学研究論文を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。授業内で提示する課題に取り組む。(学習時間:90分)中山 仁志4.感染症対策における関係法規講義予習:感染症法、予防接種法、検疫法の概要を調べる。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)中山 仁志5.一〜五類感染症患者への対応講義予習:感染症法の概要と一〜五類感染症について調べる。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間90分)* アクティブラーニングの要素を取り入れている場合、その内容を明記(PBL、反転授業、グループワーク、討議、発表等)川上 和美4.感染制御・感染看護におけるEBP(Evidence-based practice)の展開講義討議予習:事前に配布する講義資料、疫学研究論文を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)川上 和美3.疫学研究デザイン:分析疫学1)分析疫学の概要と特徴講義討議予習:事前に配布する講義資料、疫学研究論文を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。授業内で提示する課題に取り組む。(学習時間:90分)川上 和美2)代表的な分析疫学研究デザイン:コホート研究、症例対照研究講義討議予習:事前に配布する講義資料、疫学研究論文を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。授業内で提示する課題に取り組む。(学習時間:90分)川上 和美Ⅵ.感染制御・感染看護における疫学の適用1.感染制御・感染看護に必要な疫学の基礎知識講義討議予習:事前に配布する講義資料、参考文献の授業に関連する内容を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。授業内で提示する課題に取り組む。(学習時間:90分)川上 和美2.疫学研究デザイン:記述疫学- 231 -

元のページ  ../index.html#233

このブックを見る