2022年度 大学院教育要項
236/430

授業回12開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員川上 和美ナンバリング科目名感染看護学特論Ⅲ(感染症診断・病態論)必修・選択選択英語科目名Infection Control Nursing III Infectious Disease Diagnosis and Patholo対象学年1年担当教員授業概要全体内容感染症の診断、検査、治療、医療処置の適切な方法、抗菌薬使用方法、予防接種等について修得し、感染症による異常の早期発見と迅速に対応するためのアセスメント能力を養う。到達目標1.感染症診断の種類・方法について説明できる。2.感染症診断の検査法と結果の解釈について説明できる。3.感染症の治療方法について説明できる。4.感染症予防並びに感染部位の医療処置方法について説明できる。5.感染症予防のためのワクチンの必要性について説明できる。内藤 俊夫※、乾 啓洋※、福井 由希子※、鈴木 麻衣※、森 博威※、上原 由紀※、後藤 研人※、三澤 成穀※、笹野 央※、村井 謙治※、川上 和美※授業形態講義成績評価の方法評価方法到達目標の修得状況について、発表(30%)、討議など授業への主体的参加(30%)、課題レポート(40%)を総合して評価する。評価基準1.感染症診断の基本的考え方と診断プロセスを説明できるか。2.感染症診断の検査法と結果の解釈、感染症治療の方法と考え方、留意点について説明できるか。3.感染症予防および感染症を発症した患者に対する処置方法について説明できるか。4.感染症検査や治療・処置を受ける患者への支援方法と看護のかかわり方について説明できるか。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ感染看護高度実践で求められる感染症患者、易感染者に対するアセスメント能力の修得を目指し、感染症診断・病態、検査、治療、感染症予防を学修する。さらに、臨床推論の基礎を学び、問診、症状、バイタルサイン、身体所見、検査・画像所見などから診断に至るまでの基本的アプローチや感染症治療の考え方を修得することで、感染看護学特論Ⅰ・Ⅱと関連させながら学修を進め、感染看護学特論Ⅳ・Ⅴ、感染看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの基礎と位置付ける。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意1.授業に関連するテキスト、参考文献の該当ページを熟読して授業に臨む。2.微生物学、感染免疫の復習を行ったうえで毎回の授業に臨む。特になし参考文献授業前に提示した予習課題は、当該授業内において討議あるいは発表を行い、担当教員が解説を行う。科目のまとめとして提示する課題レポートは、科目責任者がコメントする。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考原則として遠隔授業で実施する。対面授業の場合は、本郷・御茶ノ水キャンパスで実施する。授業計画担当者授業内容授業方法 *予習・復習・レポート課題等と学習時間毎回配布される講義資料参考文献1.青木眞(2020).レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版.医学書院2.岡秀昭(2021).感染症プラチナマニュアル Ver.7 2021-2022.メディカルサイエンスインターナショナル3.館田一博ほか 編(2021).新微生物学 (Qシリーズ) .日本医事新報社4.IDATENセミナーテキスト 編集委員会(2019).病院内/免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方 第2集 IDATEN感染症セミナー実況中継.医学書院その他連絡先・オフィスアワー質問・相談等は随時、科目責任者のメールで受け付け、科目責任者より各授業担当者へ連絡する。科目責任者:kzkawaka@内藤 俊夫Ⅰ.感染症診断の基本的考え方1.感染症診断の流れと根拠2.画像検査による診断講義予習:事前に配布する講義資料、参考文献の授業に関連する内容を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、授業で学んだことを復習する。(学習時間:90分)鈴木 麻衣3.感染症による生体の変化  神経反応、内分泌反応、サイトカイン反応、免疫反応講義予習:事前に配布する講義資料、参考文献の授業に関連する内容を読む。(学習時間:90分)復習:講義資料を活用し、学んだことを復習する。(学習時間:90分)※…実務家担当教員関連科目感染看護学特論Ⅰ、感染看護学特論Ⅱ、感染看護学特論Ⅳ、感染看護学特論Ⅴ、演習(感染看護CNS)、感染看護学実習Ⅰ、感染看護学実習Ⅱ、感染看護学実習Ⅲ、機能病態学特論、臨床薬理学、フィジカルアセスメント特論先修要件なし- 234 -

元のページ  ../index.html#236

このブックを見る