2022年度 大学院教育要項
238/430

開講学期1,2年次/後期単位数2単位代表教員横山 久美ナンバリング科目名感染看護学特論Ⅳ(感染症看護支援論)必修・選択選択英語科目名Infection Control Nursing IV Nursing Support対象学年1年授業の位置づけ感染看護学特論Ⅰ・Ⅲ・Ⅲの学修内容を活用し、本科目で地域や医療・福祉施設等において易感染者および感染症を有する患者と家族に対する感染症看護に必要なアセスメントと支援方法を学修することにより、感染看護学特論Ⅴの学修および感染看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲにおける感染症看護を実践するための基礎と位置付ける。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意[予習] 1.授業前や授業内に提示した文献を用いて、各授業のテーマに関する課題を明らかにする。2.指定したテキスト、参考書等の授業に関連する内容を熟読しておく。[復習]授業前や授業内に提示した文献等を読み、各授業のテーマに関する感染症看護の課題を明確にし、感染症看護高度実践に必要な看護について検討する。※各授業につき予習90分、復習90分を目安とする。担当教員授業概要全体内容地域と医療・福祉施設等における易感染者への感染症予防看護が適切に行われるための看護師の役割を理解し、具体的な感染制御、感染症看護を実践するための能力を修得する。そこで、医療・介護施設や在宅療養の場において医療・看護・介護を受ける易感染者および感染症患者と家族に対する感染症看護の特徴と感染症看護を実践するための方法と患者支援について学修する。また、日本のみならず世界規模で対策が必要となる感染症を有する患者に対する感染症看護について学修する。到達目標1.地域と医療・福祉施設等の場や対象にあわせた具体的な感染制御、感染症看護の意義と課題について説明できる。2.易感染者の特徴と対象に合わせた看護について説明できる。3.母性、小児の感染症患者の看護の特徴と方法について説明できる。4.成人・高齢者の感染症患者の看護の特徴と方法について説明できる。5.病原微生物に特有な感染症看護の特徴について説明できる。横山 久美※、川上 和美※、王 迪※、平松 玉江※、府川 真理子※、久保田 早苗※授業形態講義予習課題は授業内で確認し、発表や討議、解説を行う。最終課題はコメントを付して返却する。テキスト書名著者出版社ISBN備考成績評価の方法評価方法到達目標の修得状況について、プレゼンテーション(30%)、ディスカッションなど授業への主体的参画(30%)、レポート(40%)を総合して評価する。評価基準1.地域と医療・福祉施設等の場で求められる感染制御、感染症看護を実践する上での課題について説明できる。2.各ライフステージの特徴を踏まえた感染症看護の具体的な実践方法について説明できる。3.易感染者および病原微生物に特有な感染症を有する患者に対する感染症看護の具体的な実践方法について説明できる。4.感染症看護の対象となる患者および家族に必要な感染症看護上の支援について説明できる。試験・課題に対するフィードバック方法毎回配付される資料参考文献大曲貴夫、操華子編(2015).感染管理・感染症看護テキスト,照林社.IDATENセミナーテキスト 編集委員会(2019).病院内/免疫不全関連感染症診療の考え方と進め方 第2集 IDATEN感染症セミナー実況中継,医学書院.その他連絡先・オフィスアワー随時(事前にメールで連絡のこと)kmyokoya@看護学テキストNiCE 感染看護学,操華子、川上和美編,南江堂,978-4-524-22978-9参考文献備考原則として遠隔授業で実施する。対面授業の場合は、本郷・御茶ノ水キャンパスで実施する。※…実務家担当教員関連科目なし先修要件なし- 236 -

元のページ  ../index.html#238

このブックを見る