2022年度 大学院教育要項
252/430

開講学期1,2年次/前期単位数2単位代表教員湯浅 美千代ナンバリング科目名高齢者看護学特論Ⅲ(支援システム論)必修・選択選択英語科目名Gerontological Nursing III対象学年1年担当教員授業概要全体内容高齢者に関わる国内外の保健、医療、福祉の制度・政策ならびに看護政策、看護管理についての理論的な見地から現状を把握する。高齢者の治療、療養、健康維持・増進に関わる支援システムとその構築、活用の実際について学ぶ。<授業形態と進め方>講義で提示したテーマについて事例、知見を収集し、クリティークにより内容を深める。また、現状報告についてディスカッションし、今後の発展の可能性、検討課題を明確にする。諸外国における高齢者の健康生活に関わる制度と法律的基盤および現在の課題については、急性期ケア、認知症ケア、終末期ケアをテーマとし、日本の状況と比較検討する。到達目標1.高齢者に関わる国内外の保健、医療、福祉の制度・政策ならびに看護政策、看護管理についての理論的な見地から現状を論述できる。2.高齢者の治療、療養、健康維持・増進に関わる支援システムとその構築、活用に関する専門的な看護の理論と実際を知り、現状における課題を論述できる。湯浅美千代※、島田広美※、杉山智子※、桑田美代子※授業形態講義成績評価の方法評価方法プレゼンテーション資料(40%)、ディスカッションへの参加状況(30%)、授業後レポート(30%)を総合して評価する。評価基準1.高齢者に関わる国内外の保健、医療、福祉の制度・政策ならびに看護政策、看護管理についての理論的な見地から現状を論述できる。2.高齢者の治療、療養、健康維持・増進に関わる支援システムとその構築、活用に関する専門的な看護の理論と実際を知り、現状における課題を論述できる。試験・課題に対するフィードバック方法授業の位置づけ専門看護師「老年看護専攻教育課程」審査基準における専攻分野共通科目の「高齢者保健医療福祉政策とサポートシステムに関する科目」2単位に相当する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力学修上の注意・一部集中講義とする。・主体的に参加することを期待する。・配付資料に基づき講義を行う。・提示されたテーマについてプレゼンテーション資料を作成する。作成にあたり、不明な点はあらかじめ相談して資料準備を行うこと。・授業内で提示した課題についてレポートを作成する。テキストは用いない参考文献プレゼンテーション資料および提出されたレポートについて授業内または授業後にコメントする。テキスト書名著者出版社ISBN備考備考以下は主なもの。ほかは授業内で紹介する。・日本看護協会ホームページ:看護補助者活用のための看護管理者研修テキスト、2013年・全国高齢者ケア協会編:介護と看護の連携のためのマニュアル、第2版、高齢者ケア出版、2010年・ひもときネット 認知症ケア高度化推進事業ホームページ:海外認知症ケア情報・武藤正樹:2040年—医療&介護のデッドライン、医学通信社、2019年その他連絡先・オフィスアワー質問・相談は随時対応するので、メールで連絡してください。myuasa@juntendo.ac.jp※…実務家担当教員関連科目高齢者看護学特論Ⅰ、Ⅱ、Ⅳ、Ⅴ先修要件なし- 250 -

元のページ  ../index.html#252

このブックを見る