2022年度 大学院教育要項
258/430

開講学期通年単位数6単位代表教員湯浅 美千代ナンバリング科目名高齢者看護学実習Ⅰ(認知症看護実習)必修・選択選択英語科目名Gerontological Nursing Practice I対象学年2年担当教員授業概要全体内容認知症に加え何らかの疾患を合併し長期的な治療・療養を必要とする高齢者を受け持ち、包括的にアセスメントし、必要と判断した看護を実践することを通して、複雑な問題をもつ認知症高齢者と家族に対する看護実践能力を養う(実践)。また、治療方法の決定や入退院(入退所)に関わる倫理的問題、療養生活上の権利侵害などの日常生活上の倫理に対する判断と調整のための能力を養う(倫理調整)。<学習方法>複雑な問題を持つ認知症高齢者とその家族に長期的な展望をもってアプローチする老人看護専門看護師として持つべき高度な実践能力を養うために以下を行う。①認知症と何らかの疾患のため治療・療養を継続する高齢者への看護実践(現状分析、包括的アセスメント、ケア計画、多職種連携、看護援助技術)とその記録の分析により、自己の看護実践を評価する。評価に基づき、より適切な看護およびその継続に向けたアプローチ方法について、チームアプローチを含めて立案、実践する。その際、生活機能の維持・回復、適切な時期での退院(退所)に向けた支援を含める。②認知症と何らかの疾患のため治療・療養を継続する高齢者の家族への看護実践を計画、実践、評価する。③認知症をもつ高齢者とその家族に関わる倫理的な問題解決にむけ、多職種連携、スタッフ教育、コンサルテーションを含めたアプローチを立案し、指導者からの助言を受ける。実習生として実施可能な部分を判断し、指導を受け実践する。到達目標1.複雑な問題を持つ認知症高齢者とその家族に対して看護を計画的に実践、評価し、より適切な看護の継続に向けて看護チーム・多職種ケアチームへのアプローチができる。2.受け持った認知症高齢者と家族に関する倫理的な問題を抽出し、解決に向けたアプローチを計画的に実践し、その評価ができる。湯浅美千代※、杉山智子※、八木範子※授業形態実習授業の位置づけ各特論および演習(高齢者看護CNS)を履修した上で、実習を行う。特に高齢者看護学特論Ⅴを基盤に実習を展開する。専門看護師「老年看護専攻教育課程」審査基準における実習科目6単位に相当する。ディプロマ・ポリシー、コンピテンシーとの関連DP2-高度な専門性を発揮するために必要な広範な知識を体系化し、質の高い看護ケアが実践できる能力DP3-高度な看護実践、研究・教育活動を通して国際的・社会的に貢献できる能力学修上の注意・実習施設は以下とする。①②で行う期間や内容は臨床経験および自己の課題により調整する。①順天堂東京江東高齢者医療センター 精神科病棟(認知症治療病棟または身体合併症病棟)および精神科外来②愛育メディカルセンター 介護老人保健施設 清らかの里・実習期間は実習計画によるが、2名以上の認知症高齢者と家族への看護実践を展開・評価できる期間(概ね6週間)とする。・実習に際し、専門看護師を目指す大学院生としての自覚をもち、実習施設の現状を理解する。・受け持ち患者・家族だけでなく、施設職員に対する倫理的配慮も行う。・実習にあたり、教員とともに実習計画書を作成し、実習施設の指導者と調整する。計画にあたっては自己の課題・テーマを明確にし、受け持ち患者選択を依頼する。また、実習計画書は、授業計画を標準モデルとして参考にし、作成する。受持患者は、・少なくとも1名は認知症により対応が難しいととらえられる高齢患者、または入院(入所)初期の認知症高齢患者とする。・少なくとも1名は家族への看護を必要とする高齢の認知症患者とする。(認知症の診断を受ける段階の患者や退院支援が必要な患者、家族への対応が困難な患者等)二人目の患者選択時に一人目で行えなかった課題について考慮する。・受け持ち患者に倫理調整が必要である場合は、実習指導者(老人看護専門看護師)、看護管理者、スタッフ等と協働して介入を計画し、その調整過程に参画する。受け持ち患者2名とも倫理調整が必要でなかった場合は、老人看護専門看護師が調整を図るカンファレンス等に参加する。また、日常の療養生活・治療上で生じやすい倫理的な問題(患者の人権侵害等)が見出された場合は、解決に向けた介入を計画する。・期間中、精神科外来での実習を2日設け、外来看護師と共に行動し、外来患者・家族の支援を行う。この期間以外で、外来で老人看護専門看護師が認知症患者の家族を支援しているグループ活動、一般病棟での認知症患者のコンサルテーション活動等にも参加する。・医師カンファレンス・回診に参加し、診断、治療について学習を深めるとともに、受け持ち患者・家族に関する情報提供を行い、患者の権利擁護、QOL維持向上に向けた調整を行う。また、多職種によるカンファレンスに参加し、受け持ち患者の医療・看護について調整を行う。・1日の実習時間は原則として日勤帯とするが、受け持ち患者・家族および治療・ケアの状況と学習目標によって調整する。・1週間単位で自己の学習目標を定め、毎週目標の達成状況を評価する。※感染症流行の状況によっては、実習場所、方法等を変更する可能性がある。成績評価の方法評価方法実習状況(看護実践内容、実習場での職員との協働状況)(40%)、カンファレンスでの発表(10%)レポート(50%)に基づき、実習指導者の評価を加味して総合評価を行う。<レポート>・受け持ち患者A、Bについてケースポートを作成する。・精神科外来実習、老人看護専門看護師への同行実習についてのレポートを作成する。・計画・実施した倫理的な問題に対するアプローチについてレポートを作成する(倫理調整を行う老人看護専門看護師の役割に関する考察を含める)。※…実務家担当教員関連科目高齢者看護学特論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、演習(高齢者看護CNS)先修要件高齢者看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、演習(高齢者看護CNS)履修者高齢者看護CNS選択者のみ受講可- 256 -

元のページ  ../index.html#258

このブックを見る